サヨナラ国立

国立競技場。
今は京都に住んでるけど、東京で一番思い入れがある場所と言えば、この国立競技場です。
小学生、中学生時代は渋谷で過ごしたこともあり、区の陸上競技大会ではここで100mやリレーを走りました(ビリだったけど)。
初めて日本代表の試合(オフトジャパンのアルゼンチン戦)を見たのもここだったし、高校の部活の帰りにJリーグの開幕戦(マリノスVSヴェルディ)も見た。
フランスW杯予選の屈辱的な韓国戦の時はここで泣きました。
レッズの初タイトル(ナビスコ決勝)もここで見ました。
マラドーナもバッジョもここで見たし、ジーコのフリーキックを初めて見たときの衝撃は今でも忘れられない。
レッズのシーズンチケットを持っていたからサッカー観戦の最多スタジアムは埼スタだけど、やっぱり思い入れでは国立が一番。
その聖地国立が東京オリンピックのために改装されるそうです。
東京オリンピックなんてぶっちゃけ関西に住んでると、完全に人ごとです。お・も・て・な・し?なんじゃそれって感じです。
だから最近になってようやく知ったんだけど、国立が取り壊されると知った時は本当にショックでした。
そんな時になんとレッズがナビスコ決勝に進みました。舞台はもちろん国立。
行くしかないでしょ。抽選販売で無事SS席をゲット。新幹線に乗って国立に乗り込みました。
相手はレイソル。全く負ける気がしません。
9時過ぎに東京着。かなり早く着いたのでお茶の水、神田、神保町界隈を散策。めちゃくちゃ懐かしい!!いい感じで東京モードになっていざ国立へ。
国立は何年ぶりだろ。6,7年ぶりだろうなあ。千駄ヶ谷と信濃町のどっちから行こうか悩んだあげく信濃町ルートを採用。高校の時はよく信濃町から行ってました。
スタジアムへの道のりも重要なんです。絵画館前を通って青山門へ。今日はメインスタンドなのでここからは入らず千駄ヶ谷門に回って入場。
懐かしいいいい。もう泣きそう。早速席へ。席は記者席の前の100m走のゴールのところ。かなり良い席です。表彰台も近い!
あとはレッズが勝つだけ!
テンションが上がってきたところへ、両チームのアップも終わっていよいよ選手入場。両チームサポーターの綺麗なコレオ。が、Jリーグが企画したバックスタンドのコレオは協力者が少なく(レッズファンはコレオに参加せずフラッグを掲げたため)何が描かれているか分からない程酷い完成度。
うっすら読めたのは「FINAL」の文字。
企画した人、可哀想だな・・・。

ナビスコFINAL
まあ、Jリーグの企画に逆らったせいではないでしょうが、試合はレッズが終始ボールを保持するものの前半間際に工藤に決められて1点ビハインドで折り返し。
後半ロスタイムに興梠がオフサイドっぽかったけどゴール!選手もサポーターも副審を見る。フラッグ上がってない!
おおおお!!!劇的ゴールだ!!
と思ったらやっぱりオフサイドだったようです。
辛すぎる。長いサッカー観戦歴でこんなぬか喜びは初めてだよ。本当に辛いよ。テレビ観戦している会社の先輩に電話したらあきらかにオフサイドとのこと。だから結果的にはしょうがない。でもそれならフラッグ上げてよ・・・。
後で知ったんだけど、副審は誰に当たってボールが前に転がったかよく見えなかったからフラッグを上げなかったらしい。その代わりにゴールも示さなかった。だから審判の行動もしょうがなかったんだよね。
そんなことは知らないもんだからなんでこんなことになるのかよく理解出来ずに試合終了。
キックオフ直後から降りはじめた雨が強くなってきました。レッズの敗北と最後の国立の涙です。
最後の国立なのにこんなに辛い試合になっちゃうなんて。
あー、なんやかんや色々つらい!
ということで、さようなら国立。
国立が無くなってしまったらカズの引退試合はどこですればいいんだろ?
永遠に引退しないか(笑)

Share this:

ナビスコ準々決勝vsガンバ初戦

「今回の移籍の件では、お騒がせしてすみませんでした。FC東京戦の試合後のコールには、心をうたれました。みなさんの気持ちが伝わり、嬉しかったです。これからも一緒に闘いましょう!」
記憶が曖昧なところもあるけど、今日の試合前の長谷部のコメントはこんな感じでした。
いつもレッズのホームでは試合前に選手のコメントが読み上げられるけど
たいていは
「今日は大事な試合なので勝点3を手に入れたいです。」
とか
「ホームなので必ず勝ってみなさんと喜びたいです。」
みたいな無味乾燥なコメントが多い。(個人的には啓太と坪井のコメントがひときわパサパサに乾いてると思いますねー)
そんななかでこの長谷部のコメント。これこそメッセージ。さすが長渕好きなだけあるわー。熱いよ。こちらこそ心を打たれました。今日は長谷部に活躍してほしい!!そんな思いでキックオフした今日のナビスコカップ準々決勝ガンバ大阪戦1stLEG。

俺達のヒーローララララララ長谷部誠
ナビスコカップは代表組不在で試合することが多いから選手層の厚さがものをいう大会。今日のレッズとガンバも代表やケガ人で両チームともメンバーが4-5人欠けてた。
あまり試合に出られない選手がどんな活躍をしてくれるのか?ナビスコカップの楽しみ方のひとつです。
今日のレッズはGK山岸、堤、堀之内、細貝の3バックに内舘の1ボランチ。そのちょっと前に長谷部がいて両サイドに相馬と山田。永井の1トップでポンテと伸二がFWのようなトップ下。堤のスタメンにはちょっとびっくり。U-20W杯メンバーから漏れてしまった堤に対するオジェックの気遣いなのかな?そんなに甘くないか。
レッズは啓太、阿部、坪井の堅実な3人がいないけど、それが逆に良い方向に働いてた感じ。安定性に欠けるけどイケイケで試合を支配する。特に伸二とポンテと相馬がからんだ攻撃にはワクワクした。ただイケイケなだけに、ひとたび攻撃されると一気に決定機に結びつけられちゃう。支配率は高かったけど、決定機はガンバのほうが多かったかも。PKあったりバーやポストに救われること数回。
前半12分内舘のあたりそこないのミドルシュートを伸二がコースを変えて先制。その後もレッズの攻撃が続いたけど追加点を奪えずに1-0で前半を折り返す。
後半になってもレッズ優勢は変わらないけど点がとれない。ガンバは0-1までなら負けてもOKと思ってるフシがあった。リスクを冒さず守備的に試合を進める。リードしてボールも支配してるのにガンバの術中にはまってるような嫌な感じがした。こういう時はだいたい逃げきれないね。必然というか運命というか40分過ぎにCKから同点ゴールを許す。その後目が覚めたかのように焦って攻撃したけど時既に遅し。1-1で試合終了。しっかりとどめを刺さないとこういうことになるっていう典型。シュートの手前までの攻撃はホント素晴らしいんだけどね。詰めが甘い。
点が取れなかった理由はいっぱいあるんだろうけど、とりあえずミドルシュートは浮かしたらダメ。これは草サッカーレベルから代表レベルまで日本サッカーの永遠の課題だわな。とにかく転がせ。今日の先制点だってウッチーのシュートは当たり損ねのボテボテだったけど、転がってたからああいうことになったでしょ!頭より上にいっちゃったら誰もなーんもできんのよ。

Share this:

ナビスコカップ1回戦

今日の席はオーロラビジョンが見える
ワールドカップ開幕まで1週間をきったけど、昨日はナビスコカップが熱かった。今シーズン初の駒場スタジアムでの観戦。決勝トーナメント1回戦1stレグ。VS川崎フロンターレ
リーグで1位vs2位の好カードなわけだけど、予選リーグの1位同士が戦うのは納得がいかない。せっかくリーグで1位になったのに、なんで他リーグの1位とやるんだ?まあ、優勝を狙うレッズはいつどのチームとあたっても同じだけどね。
試合展開は前半早々に相馬の突破&クロスからワシントンのヘディングでレッズが先制。アシストした相馬に長谷部、啓太、永井らが集まった。得点やアシストをして結果を残すごとに相馬もレッズの一員になっていく感じだ。その後もレッズの攻勢が続いていつ2点目が入ってもおかしくない状態だったけど、立て続けに失点して1−2で前半折り返し。いつもだったら失点直後も応援が途切れることがないんだけど、今日は失点の度にスタジアムがシーンとなった。なんかまずい雰囲気だった。
後半は山田と平川が交代。この選手交代がばっちりはまった。コーナーで同点に追いついた後、再び勝ち越しを許して2−3になってから立て続けに右サイドからの突破を繰り返して3−3の同点に追いつき、後半30分についに勝ち越しで4−3。シーソーゲームに終止符。先制→同点→勝ち越され→同点→勝ち越され→同点→勝ち越し。2回もリードされたのに勝ったのは大きい。まだ水曜日のセカンドレグがあるけど、ひとまず今日の試合に勝ったことを喜びたい。
レッズの得点は全得点ワシントン!頼りになるけど、ここを押さえられるときついのかな?

Share this:

胴上げ見たかった。

写真上部の黒い影はオーロラビジョンです
レッズ優勝の瞬間をこの目で見届けられることが確定して、すっかり上機嫌になった僕はふと気付く。
今日はナビスコカップ決勝だな−。
レッズは優しいから優勝経験のないジェフ千葉に決勝に進む権利を譲ってあげたので、4年連続国立の決勝の舞台には行きませんでした。
ということで決勝はジェフvsガンバ。
ま、はっきり言って僕にとってはどーでもいいカードですね。
でも今日はお天気も良いし最終節のチケットも取れて、気分が良い!
ということでジェフ好き(チームを愛するレベルとしてはサポーター>ファン>好き。)の友達に連絡。すると一緒に行く人がいないから(何しろジェフvsガンバだから)行きたいのにためらっていたと言う。
じゃー一緒に行きましょうじゃないですかと。この時点で11時30分。
千駄ヶ谷門で集合ということになって、キックオフの時間を調べてみるとなんと13時キックオフ。あと1時間30分しかないのか。まだ着替えてもないよ。
とりあえずブランチかっこんで12時に出発。12時30分国立到着。ジェフ側のゴール裏に行って僕達は衝撃を受けました。
ゴール裏が人でいっぱい!ジェフサポーターは一体全体今までどこに隠れていたんだ。こんなに埋まってるジェフの試合見たことないぞ。
もう座るところないじゃん。しょうがないから最後列で立ち見するかと思ったら立ち見する場所すらない。途方に暮れていると穴場の席を見つけました。それは電光掲示板の真下の席。
さわやかな秋晴れのもと、電光掲示板の真下の一角だけは、じめじめした路地裏の雰囲気を醸し出してたけど、強い日ざしも避けられてまあいいかと。
試合は最初ガンバが押して、時間の経過とともに体力に勝るジェフが盛り返すも両チーム決めてなく延長戦へ。
延長戦ではガンバの選手は数人が足をつっていたけど、さすがにオシムJEFは誰も足をつらない。どちらかと言うとジェフペースで進んだけれどもゴールは割れずにPK戦へ。
去年のPKと違ってかなりリラックスして見れたけど、さすがに最後のキッカーの巻が蹴る瞬間はちょっと緊張したね。結果ジェフが初優勝となりました。僕の友達はたった1500円でこんなに良い経験できて最高と喜んでたけど、確かに1500円って安いな。ナビスコ決勝はいつもクッキーとパンフレットが全員に配付されるのになんでこんなに安いんだろ。スポンサーがついてるから??
で、やっぱり面白かったのがオシム監督のインタビュー。
インタビュアー:初優勝ですね?
オシム:これが最後にならないよう祈ります。
インタビュアー:何故胴上げを拒んだのですか?
オシム:私の体重が重すぎるので選手が怪我するから。
インタビュアー:何故PK戦を見なかったのですか?(PK戦になるとオシムはロッカールームに引っ込んだ)
オシム:私のサッカー人生ではPK戦では不運に見舞われるので。
等々。
さすがだよオシム。敵将ながら大好きです、この皮肉屋。
インタビュー中に来期はジェフを指揮しないようなこともほのめかしてたけど、そんなら青いユニホームの小さい島国の代表監督はどうですかね?

Share this:

LOSSTIME

エメエエ
今日はレッズvs神戸を観戦した。リーグ最下位の三木谷なんか余裕で吹っ飛ばして欲しかったけど、最近のレッズは元気がないので、2点くらいかなと思ってました。totoゴール3も浦和1点or2点、神戸0点or1点に賭けてたけど、なかなか点が入らない。ハーフタイムの他会場の試合結果で名古屋−鹿島、柏−千葉のゴールが1コ外しだと分かっていたので、レッズと神戸を当てたら2等なのに、0−0じゃダメだ−、と思ってたらサッカーの神様が微笑んでくれました。ロスタイムの試合終了10秒前にエメルソンのゴール!おかげで2等2本当てることができて6760円の収益です。今年のレッズはロスタイムに強いです。どこかの代表とは違います。 これで2週連続2等だ。来週は1等獲るよ。

Share this:

さいたまダービー

今日はナビスコカップ予選の対大宮戦です。ナビスコ予選とはいえ、両チームともJ1所属になって初めてのさいたまダービーです。また、僕にとっては初めて駒場のシーズンチケットの席(SB指定席)で観戦する試合でした。席は埼スタよりもゴール裏の位置だったけど、高さがあるので試合全体の見易さは、駒場に軍配が上がりました。僕達の周りには、我々のような夫婦のサポーターが多い感じでした。やっぱり夫婦でゴール裏はきついからでしょうね。今日はポカポカ陽気だったので、油断して薄着でいるとキックオフの16時には僕達夫婦の席はすっかり日陰になってしまい、寒いこと寒いこと。後半途中からは試合の展開的にも気候的にも、早く終わってくれーという感じでした。
試合内容は先週の神戸戦同様前半からエンジン全開のレッズは形はぐちゃぐちゃながらも達也とエメの2トップのゴールでほぼ勝負あり。後半にも期待が持てたのですが、これまた先週同様後半は失速。1失点を喫した後も押されてしまい、都築の好セーブがなければ負けてしまっていたかもしれません。ということでひやひやながらもレッズがDERBYを制したのでした。さあ、ナビスコ予選は2連勝で来週からはリーグ再開!WE ARE REDS!

駒場のシーチケはこんな席
試合の後は、レッドボルテージに初めて行きました。試合直後ということもあって、お店は入場制限をかけるほどでした。なんだか代官山のシュプリームにでも来たみたいだ。お店の中は改装直後だけに、とてもきれいでおしゃれ。ほんとにカリスマストリートブランドのお店みたいだぞ!でもレジの人は地元のおばちゃんでちょっとほっとしました。せっかく入場制限をクリアしてお店に潜入したのですが、特に欲しいものがみつからなかったので、マッチデーカードホルダーだけ買って店をあとにしました。
その後浦和駅前の刀削麺館という中華料理屋で夕飯。なんとここでも入場制限(笑)があって、席が用意出来たら携帯に電話するので、散歩していてくれと言われました。一瞬他の店にしようかとも思ったけど、けっこう有名なお店だったので、待つことにしました。いやー、待った甲斐がありました。味良し、雰囲気良し、値段良し、の三拍子揃ってました。駒場の試合の時はここでの食事が定番コースになりそうです。

Share this:

FINAL AGAIN

お天気だけは最高でした・・・
僕達のナビスコカップ決勝はキックオフ7時間30分前に始まりました。朝の6時30分に明治公園に集合して9時すぎに先発隊2名が入場、僕は12時近くにようやくスタジアムに入ることが出来ました。去年の経験があるので慣れたもんです。今年は天気も良いし楽しいなあなんて思っていたら、ほんとに痛い目にあいました。前半でジャーンが退場して10人になったFC東京を崩せず、まさかのPK負け。さすがのレッズサポーターも試合終了後ぱらぱらと「We are REDS!」コールをするも元気がなくすぐコールが終わってしまい、挨拶に来た選手達に力なく拍手をするのが精一杯でした。ちなみに僕がFC東京戦を見に行ってレッズが勝った試しがありません。(やばい厄病神か?)
ということで試合はかなり残念な結果に終わったのですが、今年は他にも残念なことがありました。一つ目はここ数年問題になっているチケット問題。入場待ちをしている時に、チケットゲッターやヤフーオークションのダフ屋に対する抗議の署名を集めている人達がいて、当然僕達も署名をしましたが、これはレッズファンにも問題があると思う。去年のナビスコ決勝もチケット争奪戦が激しく、僕の知り合いの人でもヤフーオークションに手を出してしまった人が何人かいたけれども、その去年の行為が今年のチケット争奪戦をさらに激しくさせてしまっているのだと思う。
チケットゲッター達に「レッズ戦は人気があるけれども、オークションではちっともさばけない」という認識を植え付けることが大切だと思うのです。どんなに観たい試合でもゲッターから買うぐらいならあきらめなくてはいけないということを、2年連続のチケット争奪戦に参加して初めて気がつきました。
2つ目の残念なことは、レッズサポーターの数人がチケットを持たずに入口を突破するのを見てしまったことです。その人達は大きなフラッグや太鼓を持っていてゴール裏のゲートに入っていったので中心的なサポーターなのだと思いますが、熱いレッズサポーターにも誇りを感じていたので、そんな人達と一緒に応援しているんだと思うととても嫌になりました。
去年オールドトラッフォードに行った時に気付いたのですが、そこの入口は人が一人分しか通れなくて非常に狭く、モギリの人も窓口の奥に座っていて、セキュリティーが厳重に管理されていました。プレミアリーグ開催時では全席指定席になるそうです。恐らく長年フーリガンと戦って来た歴史がこのような措置をとらざるを得なくさせているのだと思いますが、日本もチケット無しで入口を突破するような事件が頻発して、例えば怪我人でもでようもんなら、イングランドみたいにどんどん規制されたスタジアムになってしまうのではないでしょうか?
ヤフーオークションといい、ゲート強硬突破といい非常に刹那的な行動だと思います。良いサッカー文化を育てていく為には、ちょっと我慢することも必要なのです。その我慢が結果的には1年後、10年後のサッカー環境を良くするのだと信じたいです。

Share this:

NABISCO

テレビ付き
今日はナビスコカップ準々決勝。VSマリノス戦。3年連続決勝進出を目指すレッズにとって大事な一戦です。今日はSA席のバックスタンド1階の後方の席だったんだけど、ここはオーロラビジョンが見にくいので屋根にテレビが付いていました。オーロラビジョンには流れないリプレイとかが流されるので、こりゃ便利!と最初は思っていたのですが、気が付くとフィールドじゃなくてテレビを見てしまっていて、途中からはなんとなく目障りに感じてしまいました。でも試合は見易かったのでこれからもこの辺の席を狙いたいです。試合は主力を5人も欠いたマリノスを圧倒。エメのPKが決まって3ー1になった時点で試合は決まったと思ったのですが、そこからレッズはビッグチャンスを外しまくり。これだけ外していると嫌な流れになりそうだな、と思っていたら坂田に決められて1点差に。力の差はめちゃめちゃあるのに何故か接戦になってしまいました。
なんとかそのまま3ー2で勝ったものの、ホントは4ー1で勝たなきゃいけない試合だったので、ちょっと気分悪かったです。それにしても今シーズンに見に行ったレッズの戦績は5勝1分(インテル戦含む)!ホントに強くなったよ。今年はトレブル目指せ−!

Share this:

YAMAZAKI NABISCO FINAL!

URAWA REDS CAMPEON!!!
優勝だ−!優勝だ−!ついに浦和レッズ初タイトルです。2年連続のヤマザキナビスコカップのファイナリストになったレッズは鹿島を見事4ー0で粉砕して初載冠です。僕は友達の会社の人が一昨日のサポーターの入場順序を決める抽選で800番台をとってくれたので、そこに並ばせてもらって(点呼は6時だったけど、甘えさせてもらって8時から参加)浦和側の自由席で観戦しました。小雨が振る中、レッズサポーターが国立の7割を埋めました。赤白黒のマスゲームで鹿島を圧倒。もちろん声援、手拍子でも圧倒。試合内容も圧倒。なんでこんなにすごいチームがいままで無冠だったんだろう。試合終了の時には絶対泣いちゃうと思ったけど、意外にも涙は出てこなかった。圧勝だったからかな?
試合とは関係ないけど、今日はサポーターが自主的に入場ルールを設けて、徹夜組が出ないように徹底して無用な席取り争いを避けるようにしたんだけど、その見事な組織力は世界中どこを探してもみつからないんじゃないでしょうか。
後日談ですが、翌日の日刊スポーツにエメルソンが優勝カップを抱きしめてグランドにうずくまっている写真が掲載されていて、かなりグッときました。やっぱりスポーツ観戦の醍醐味は日頃切磋琢磨して技を磨いて、全力を出し切った選手の心の底からの喜怒哀楽を見るところにあると感じました。そのエメルソンの姿はもちろんだけど、先制点の後の山瀬と啓太の弾ける笑顔とか、試合終了後の鹿島の深井の悔しがる姿とかに心が揺さぶられるわけですよ。すごく。

Share this: