ナビスコカップ1回戦

今日の席はオーロラビジョンが見える
ワールドカップ開幕まで1週間をきったけど、昨日はナビスコカップが熱かった。今シーズン初の駒場スタジアムでの観戦。決勝トーナメント1回戦1stレグ。VS川崎フロンターレ
リーグで1位vs2位の好カードなわけだけど、予選リーグの1位同士が戦うのは納得がいかない。せっかくリーグで1位になったのに、なんで他リーグの1位とやるんだ?まあ、優勝を狙うレッズはいつどのチームとあたっても同じだけどね。
試合展開は前半早々に相馬の突破&クロスからワシントンのヘディングでレッズが先制。アシストした相馬に長谷部、啓太、永井らが集まった。得点やアシストをして結果を残すごとに相馬もレッズの一員になっていく感じだ。その後もレッズの攻勢が続いていつ2点目が入ってもおかしくない状態だったけど、立て続けに失点して1−2で前半折り返し。いつもだったら失点直後も応援が途切れることがないんだけど、今日は失点の度にスタジアムがシーンとなった。なんかまずい雰囲気だった。
後半は山田と平川が交代。この選手交代がばっちりはまった。コーナーで同点に追いついた後、再び勝ち越しを許して2−3になってから立て続けに右サイドからの突破を繰り返して3−3の同点に追いつき、後半30分についに勝ち越しで4−3。シーソーゲームに終止符。先制→同点→勝ち越され→同点→勝ち越され→同点→勝ち越し。2回もリードされたのに勝ったのは大きい。まだ水曜日のセカンドレグがあるけど、ひとまず今日の試合に勝ったことを喜びたい。
レッズの得点は全得点ワシントン!頼りになるけど、ここを押さえられるときついのかな?

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です