新生浦和レッズ

小野はどこ?
いよいよJリーグ開幕まであと1週間になった。サッカーってシーズンオフが短いのがいいな。今日はリーグ王者と天皇杯王者が対決するゼロックススーパーカップ。ゴール裏の住人の友達と行ったので、今日は自由席。13時35分キックオフなのに待ち合わせは朝10時。指定席派の僕としてはかなり早い。でもたまには良いかと思って、8時に起きると友達から電話。なんでも6時に目が覚めちゃったから、もうすでに国立で並んでるという。遠足で興奮する子供の境地なのか、老人のように朝早く目が覚めちゃうのか。いくらなんでもそりゃ早すぎるだろうって思ったけど、既に長蛇の列だそうな。やっぱり小野伸二はじめ積極的に選手補強をした今年のチームにみんな期待してるんだろうな。ガンバが加地と宮本を温存したのに対してレッズはベストメンバーを構成。これで勝てなかったらやばいだろ、って思ってたら開始2分で坪井のオウンゴールで1点ビハインド。
それでも今年のレッズにはちょうど良いハンデだ。10分くらいで堀之内のゴールで追いついて、ワシントン、ポンテの追加点で3ー1で勝利。1失点も坪井のOGだから、今日は4点とも全部レッズの得点だ。やっぱり伸二とポンテと長谷部が絡むとすごいパス回しになる。瞬間風速がヨーロッパレベルの時がある。なおかつ選手層も厚いから長いシーズンでケガ、累積警告の選手が出ても問題ない。こりゃ間違いなく優勝だわな。ちょっとだけ気になったのはワシントンがまだフィットしてない。どうも攻撃に絡む回数が少ない感じだ。ポンテと伸二のパスもトップがワシントンじゃなくて達也だったらなあって思ったシーンが何回かあった。まあマリッチみたく、しばらくすれば大丈夫だと思うけど。
試合終了後選手達がゴール裏に挨拶しに来た時にハプニングが起こった。凱旋帰国の小野を撮影しようとするカメラマンがたくさん群がって全然挨拶にならなかった(写真参照)。初めてカメラマンに対するブーイングを聞いた。あれはいくらなんでも酷すぎる。確かにサッカー人気のためにマスコミは必要だけどスタジアムに来たファンを大切にしないと、いつかしっぺ返しをくらうと思う。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です