プライド

今日は等々力競技場でVS川崎フロンターレ戦です。僕は中3から高校2年までの約3年間、新丸子に住んでいたので、僕にとって等々力競技場はとても懐かしく、アウェイというよりもちょっとした故郷という感じです。多摩川も近いし、商店街の人達とも仲が良かったので、いつかまたここに住みたいと思っています。
それはそれとして先週は鹿島に屈辱的な敗戦を喫しているレッズは昇格組の川崎にはなんとしても勝っておかないと優勝は見えてきません。第2節にしてはやくもプチ正念場なのです。
等々力競技場のアウェイゴール裏の2階は見晴しも良く、なかなか気分が良くなるのですが、キックオフ2時間くらい前から雲行きがだんだん怪しくなってきて、風も強くなりお昼頃のぽかぽか陽気はどこかにいってしまいました。せっかくレッズのレプリカを着てきたのですが、上着を着込んでしまい、レプリカは日の目を見ることがありませんでした。

王者のプライドだね
さむーい北風に吹かれて、震えて待つこと約3時間。15時30分に、ようやくキックオフ!さあ行け−!とテンションがあがるやいなや、いきなり川崎にPK・・・。開始5分で先制点をとられるいやーな展開になってしまいました。その後酒井の華麗な同点弾が飛び出し1ー1の同点で後半戦に突入。後半に入ってもいまいちエンジンのかかりが悪いレッズはたて続けに失点を喫して1ー3に。敗戦ムードがどんより漂ってきて、僕も半分あきらめていたのですが、頼れるベテラン岡野と期待のホープ横山が投入されて、流れは圧倒的にレッズに。80分頃に岡野が1点返すと、ロスタイムにアレックスのねばりからトゥーリオ兄貴が意地の同点弾!!いやーかなり熱かったです。正直言って日本対北朝鮮の大黒様の決勝弾よりしびれました。これだからサッカーって最高ですよね。川崎は鹿島やFC東京みたいに因縁の相手ではないけど、やっぱり昇格してきたばかりのチームなので、ほんと負けなくて良かった!昨年のセカンドステージチャンピオンの意地です。
冷静に考えると今日の試合は勝たないといけないんだけど、そんなことはしばらく忘れて、今はこの素晴らしき同点劇に酔いしれようじゃありませんか!!(フロンターレサポーターのかたには申し訳ありませんが)

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です