ビューティフルサッカー

浦和レッズ劇場
残り7節で2位ガンバとの勝ち点差は5。いよいよ優勝が現実味を帯びてきた今節は3位の川崎フロンターレが相手。そんな緊張感たっぷりの今日の試合だけども、浦和美園駅前のAEONでフラガールを15時30分まで観ていたので、キックオフ直前にスタジアムに到着。
つい30分前までフラガールで大感動してたので、どうにもサッカーに頭が切り替わらなかったけど、ワシントンが巧みに相手DFをかわして先制点を決めた時にはすっかり切り替わった。(遅いか)
ワシントンはエメルソンとは全然違うタイプだけども、戦術とか一切関係なく一人で局面を打開して点を穫っちゃうところは同じだね。今日もそんなことを感じさせてくれるスーパーゴールだった。ワシントンのゴールの直後には最近絶好調のキャプテン山田のミドルシュートがゴールをかすめて、イケイケのレッズ。ところが1本のスルーパスからPKを与えてしまい1−1。前半終了直前にもジュニーニョにきわどいシュートを放たれた。
後半に入ってアレックスが川崎の森にかわされ中村に勝ち越しゴールを奪われる。森ってナビスコで対戦した時はヘタクソだなーって思ってたけど、今日のアレックスをかわしたフェイントは思わず「ウマイッ」ってつぶやいちゃったよ。で結局決められちゃって、奥さんから「上手いなんて言ってるからだよ!」って怒られた。でも思わず口を滑らしちゃうくらいキレてたフェイントだったんだよね。敵でも味方でも良いもんは良いっす。この直後にアレックスは交代になっちゃったけど、気にするなアレックス。あれは森のまぐれがはまりすぎた。
その2分後くらいに浦和の絶好調野郎キャプテン山田がドリブルで切り込んでスーパースルーパスからポンテが同点ゴール!!!これぞ浦和。ひさびさのロビーの応援歌。やっぱりロピー最高だわ。熱いし。そこから試合終了までの約40分はお互い勝ち越しのチャンスもあったけど、得点はうまれず2−2のドロー。この結果はレッズとしてはまあ良しなんじゃないかな。観ている側としては伸二、ポンテのパスワークと山田、永井、相馬のドリブルが見られた残り30分は最高に楽しいサッカーだった。
先週の福岡戦はここ数年で見たプロサッカーの試合で記憶にない程酷いレベルだったけど、今日の試合はハイレベルで良かったなー。やっぱりポンテとか伸二の上手さって分かり易くてイイ。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です