審判問題

川崎のサポーター
今日は埼スタで川崎戦を観戦。試合は3-2でレッズが勝ったんだけど、勝ったからこそあえて言いたいです。Jリーグの審判は酷すぎる!今日の試合は別の審判が笛を吹いていたら、ひょっとしたら勝っていたのは川崎だったかもしれない。
まず試合開始5分。長谷部がピッチ中央からドリブルを開始。やや後方からタックルを受けて倒れる。そこで笛が鳴ってレッズのFKかと思いきやシミュレーションの判定でなんと長谷部にイエローカード。仮にFK欲しさに倒れたとしても、開始5分でしかもゴールからかなり離れた位置でイエローはないだろー。
と憤っているとそのお返しのつもりか2分後くらいにアレックスがペナルティエリア内で倒れてあっさりPKの判定。家に帰ってビデオで見たけどかなり微妙。川崎は当然猛抗議も判定は覆るわけもなくレッズ先制。
その2分後には山田がイエローカードをもらって、試合開始からわずか10分でイエロー3枚、シミュレーション判定1回、PK1回。
完全に主役は審判。誰もアンタを見に来たわけじゃないっつーの。その後も接触プレーがある度に笛が鳴って、アメフトばりに試合が止まる。両チームとも完全に審判不信に。それでも前半はまだおかしな判定が両チームに下されたので、違和感はあっても不公平感は少なかった。
ところが後半になると、レッズサポーターのプレッシャーにビビったのか俄然レッズ贔屓に。20分くらいにCKから川崎が追加点を入れるも、何故かゴール取り消し。これもビデオで見たけどいっこもファールじゃないね。その後もジュニーニョの突破を堀之内が止めたプレーがファールにならなかったりして川崎のイライラは頂点に達した。で後半40分過ぎにはレッズゴール前でちょっとした乱闘さわぎで退場者とケガ人が出る始末。このレッズ寄りの判定→相手のイライラからレッズにケガ人ってなんかこないだの柏戦とかぶるぞ。不必要にレッズ寄りの笛はレッズのためにならない。結局試合が荒れてレッズにケガ人が出るんだし。今日はレッズが勝ったから良いけど、これが逆の立場だったらどうだろう。まあ今までそんな試合はしょっちゅうあったわけだけど。
川崎の関塚監督は試合後「我々を勝たせないようにする力が働いていた」って言ってたけどちょっと同情する。なんか後味悪いな。
とはいえ、もちろん勝ち点3は嬉しい。明日はガンバ負けてくれい。
川崎は今日は不運だったけど次節以降頑張ってくださいませ。ジュニーニョはほんと凄いよ!

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です