子供はまねしないように

あと一歩のところで涙を飲んだチャンピオンシップから、はや3ヶ月。いよいよ今年もJリーグ開幕です。今年はついにレッズのシーズンチケットを購入してしまいました。SB席2枚で114000円!我が家のサッカーエンゲル係数は大変なことになってます。全試合を見に行くことは恐らく無理だけど、できる限り万難を排してスタジアムに通う所存であります。
と意気込んでいたのですが、奥様は社員旅行でハワイに行ってしまったので、今日は大学時代の友達と観戦です。
先週のプレシーズンマッチの草津戦を見る限り、ちょっと仕上りに不安があったレッズですが、試合が始まるとそんな心配を吹き飛ばしてくれました。永井、長谷部、アレックスを中心に30分まで怒濤の攻撃!これは先制点も時間の問題だな、と思っていたけど、肝心のエメが大ブレーキ!調整不足が祟ったのか、ことごとくチャンスを外す。それでも心配していなかったのですが、事故のような都築のミスでよもやの失点。その後アルパイが鹿島の鈴木の挑発にしてやられて、一発退場になってしまいました。現場ではよく分からなかったのですが、家に帰ってビデオをチェックすると、もうあきらかに鈴木の演技!アルパイが文句をぶーたれている鈴木に「だまれ!」という意味で喉元を軽く押さえると、その手を掴んで自分から後方に華麗なダイビング!
もちろん、先に手を出してしまったアルパイにも非があるし、審判がレッドを出すのはしかたないと思うけど、鈴木の行動はスポーツマンシップに反する!そのうち外れると思うけど、彼は日本代表なわけですが、僕は代表の試合でも絶対鈴木は応援しません。ヨーロッパや南米じゃあたり前というようなことは関係ないです。悪いことは真似るべきじゃないし、率直に言ってかっこ悪い。のどもとつかまれたらつかみ返すぐらいだったら、「鹿島の時は憎いけど、代表の時は頼りになる奴」ということになるけど、つかまれておおげさに吹っ飛ぶような奴は恥ずかしいです。
しかし、これで鹿島との因縁も深まり、ますます鹿島戦が楽しみになってきたというもんです。そういった意味ではよくやってくれたぜ、という感じでしょうか。

今年は1年間この席です
そんなハプニングで動揺してしまった、ナイーブなレッズは10人になった後も攻め立てますが、得点出来ずに結局0ー1で破れてしまいました。あれだけ攻めて無得点はまずい。
余談ですが、少年サッカーチームのコーチをしている僕の友達は、鹿島の岩政がケガをして担荷で運ばれて外に出た直後に、猛ダッシュでピッチに戻ろうとした愚行を見て「あーいうのは子供が真似するんだよな。」といっぱしの教育者ぶっていたのですが、隣に座った4歳くらいの男の子に
「このままだと(レッズが)負けちゃうよ!もっと応援しないと!」と軽く煽ると、
「自分で(応援を)して!」と見事に切り返されていました(笑)
いやー今どきのお子様はこんなクールな受け答えができるんですね。
試合後、2人で王子のパチンコ屋に寄ってみると、大学の友達に5年ぶりに会いました。5年ぶりの再会がパチンコ屋・・・。ヒデブ!

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です