乾杯!じゃなくて完敗の鹿島戦

少数精鋭の鹿島サポーター
写真のキャプションに少数精鋭と書こうとしたら「勝数精鋭」って変換されました。僕のPCがマックのなので日本語変換がおバカさんと言えばそれまでなんだけど、今日の鹿島サポーターはホントに「勝数精鋭」って感じだったなあ。残念ながら。
埼スタに着いてまず感じたのが、この鹿島サポーターの気合い。数もそこそこ集まってたけどなにより声が凄かった。僕の年間席はバックスタンドSBアウェイ側だから、どうしてもアウェイサポーターが目に入ってくる。今日の相手サポは少ないなとか元気ないなとか思うわけだけども、今日の鹿島サポーターはこの2,3年の中で最も気合いが入った集団だった。
それでも今日の観客数は62123人。鹿島サポーターが4000人だとしてもサポーターの比率は58対4だ。試合が始まればレッズの応援が圧倒するはず。って思ってたら何故か今日はレッズサポーターが元気がない。6万人も入ったから気合いが薄まっちゃったのか?でも熱い人達の数が減ったわけじゃないはずなのに。なんか終始鹿島の方が応援が激しかった気がする。ホームでこんなことを感じるのは初めてだ。いやもしかしたらアウェイでも経験ないかも。
試合もね。もう思い出すのも嫌なぐらい鹿島に圧倒されまして。前半で新井場が2枚目のイエローをもらって退場するも点が取れない。逆に10人の鹿島にカウンターから1点取られて逃げ切られました。終了間際には船山がレッズサポーターにむかって唾を吐いて一発退場。ちょうどバックスタンドに向かって吐いたから、テレビには映ってなかったみたいね。船山はしらばっくれて、なんで??ってジェスチャーしてたけど、あれは言い訳できないよ。非紳士的行為です。結局試合終了時には9人になっていた鹿島を崩せず0-1で敗北。ガンバが終了間際に同点にされて引き分けたので、今日引き分けてたら優勝だったのに・・。
おかげで消化試合をのんびり楽しむはずだった来週の横浜FC戦はガチンコな重要な試合になっちゃった・・・。だ・だいじょうぶなんだろうか?

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です