浦和レッズACL優勝!

アジア王者!
1997年11月16日に日本代表は(岡野のゴールで)イラン代表を破って初めてワールドカップにたどり着きました。そして10年後の2007年11月14日、日本のクラブチームがイランのクラブチームを破って初めてクラブワールドカップに出場することになりました!!
浦和レッズ、アジアチャンピオンズリーグ優勝!!
ナビスコもJリーグも最初の挑戦は失敗に終わってたからACLも初めての挑戦で優勝出来るとは思ってなかった。今年はリーグよりもACLを取ってほしかったからスンゲエ嬉しい。
11月に入ってから仕事が怒濤の忙しさで、決勝当日も調整が大変だったけど上司や部下に正直に打ち明けるとみんな快く協力してくれた。とはいえ前日は深夜の2時まで働いたけどね。
18時の定時直後に会社を出発。飯田橋で南北線に乗り換え。準決勝と比べるとあんまり電車は混んでいない。王子で座れて浦和美園へ。たまたま奥さんも同じ電車に乗っていて二人でバスに乗って北ゲートへ。今日の席はシーチケとは逆のホーム側SB席。
去年のリーグ最終戦同様にサポーターはみんな手をつないで選手をお出迎え。いよいよ試合開始。最初のシュートは長谷部。相変わらずふかしたシュートだけども序盤は思い切りが大切だ。いい感じ。その後FKから闘莉王が惜しいヘディングシュート。キーパーのナイスセーブに阻まれたけど22分に相手DFのクリアミスを拾った永井が豪快にゴール!!!またしてもやってくれたぜ永井!
永井はほんとに勝負強い。天皇杯の決勝ゴールといい今年のアウェイのガンバ戦のゴールといい重要な試合で決めてくれるね。珍しく興奮して喜びを爆発させる永井。それ以上に興奮してる6万人のサポーター。
前半は1-0で折り返し。準決勝の城南戦も前半1-0だったのに後半2点とられたから油断は出来ない。
スモールランプが点灯してるので至急お車にお戻りください。・・・今は絶対無理!
後半。セパハンが前がかりになる。ただボールはもたれているけど決定的なシーンには繋がってない感じ。スタジアムの雰囲気のせいか失点する気がしない。サポーターの僕がいうのも変だけど今日はサポーターの力が試合の結果に少なからず影響を与えたと思う。後半26分のレッズの追加点はまさにサポーターの力がもたらした点だと思う。
セパハンDFのキーパーへのバックパスにスタジアム中から全力のブーイング。GKがこれにビビッたわけではないと思うけど、とにかく集中を欠いたイージーなトラップミスをしてレッズのCKに。
現代サッカーにおけるセットプレーの重要性は言うまでもないけど、重要な試合においてはミスから与えたセットプレーほど危険なものはない。結果が出てからはなんとでも言えると思われるかもしれないけど、僕はこのCKの瞬間得点の予感がしました。頭をよぎったのは日韓W杯のトルコ戦で失点したCK。あの時も中田浩二のミスから取られたCKですごく嫌な予感がしたんだよね。あの時は嫌な予感だったけど、今日は良い予感。そして予感的中。
流れたCKを折り返してワシントンが落として永井が押さえた良いシュート。こぼれ球を阿部がヘディングで押し込んだ!2-0。
阿部ちゃん。ほんとに何回も言うけどレッズに来てくれてホントにありがとう。そして阿部ちゃんもACLの為にレッズに来たって言ってたから、阿部ちゃんにとっても良かったよなあ。
その後もややセパハンが押し気味に試合を進めるけど、スタジアムの空気はもう変えられない。レッズの優勝に向けて時間が進む。逃げ切り策で内舘投入。疲れ果てた永井に代えて達也投入。そして浦和の象徴岡野を最後にピッチに送り出して試合終了。浦和レッズアジア王者!
優勝の瞬間!
優勝したら泣くかと思ったけど、2-0という結果だったので涙は出なかった。準決勝の時の方が最後の最後で勝ち負けがついたから泣きそうになったな。もちろん優勝のときの方が嬉しいんだけどね。劇的度から言えば準決勝の方が劇的だったかも。
赤い紙吹雪を用意してほしかったなあ
試合後のセレモニーはまさにレッズのためのセレモニーだった。
まず
フェアプレー賞:浦和レッズ
んで全く気がついてなかったけど
得点王:ポンテ(とセパハンのサイド・サレヒ)
さらに驚きの
大会MVP:永井
そしてもちろん
優勝チーム:浦和レッズ!
もうタイトル総なめです!
すげえチームになったもんだ。埼スタの雰囲気はオールドトラッフォードにも劣らない。
横国じゃなくて埼スタでやれば、本気でミランに勝てるかも知れない。
試合終了後、浦和美園駅に向かう行列の中にスーツ姿のサラリーマンをいっぱいみかけた。僕もその中の一人だけど、一体何万人のサラリーマンが仕事を投げ出して駆けつけたんだろうか。今日の日本経済は18時以降に一時的に減速してただろうね。
来年はレッズだけじゃなくてガンバや鹿島(あるいは清水)もマジでACLを取りにいってさらに世間の注目が集まることでしょう。ナビスコカップがそうだったように、レッズが騒ぐことで大会が盛り上がる。そして大会のレベルが上がっていく。
今回の決勝はJリーグの他チームサポーターもレッズを応援してるって声を聞いた。正直僕はレッズが途中で敗退して川崎が決勝に行ったとしても川崎を応援する気になれないけど、応援されてるとなると悪い気はしない。そして日本を代表してるっていう実感が湧いた。10年前は日本代表がワールドカップ出場を決めて大喜びしたけど、今日はレッズが日本代表として(クラブ)ワールドカップ出場を決めました。日本もクラブチームの時代の幕開けです!
サポーターとともに
10年前のジョホールバルも行きました

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です