ACL準々決勝第一戦全北現代戦

全北現代MAD GREEN BOYSご一行
なんとかギリギリ試合開始直後2分頃に席に着けたACL準々決勝。相手は前回王者の全北現代。前半2分に到着はギリギリセーフだけど3分だったらアウトだった。
なにしろ席について荷物を置いて眼鏡をかけた途端、永井の落としから長谷部がゴール!!
浦和美園からのダッシュが少しでも遅れてたら見逃してました。
最近ミドルシュートをふかし気味の長谷部君だけども今日は押さえた良いシュート。広島戦に続いて連発ですねえ。
事前情報によると全北現代は前回王者ではあるものの、リーグ優勝経験はなく今年のリーグ戦も現在6位と振るわないらしい。同じ韓国でも城南一和のほうが強いイメージあるもんね。
確かにあんまりテクニックがない。だけどもやっぱりフィジカルは強い。ただレッズも山田、平川の両サイドはフィジカルが強み。レッズの両サイドは運動量やクロスの精度よりもフィジカルがウリです。GGRで都築が言ってたけど、出すところがなかったらとりあえず山田を狙うことになってるらしい。今日も都築のキックはことごとく山田へ。でもって8割くらいの勝率で山田が競り勝つわけです。これ結構重要だと思います。
先制されたことによってやや前がかりになる全北。それを逆手にとって何度もカウンターでチャンスを作り出すレッズ。達也が何度かビッグチャンスを迎えるけど相手GKの好セーブもあって追加点ならず。絶好機をたくさん逃した達也。チャンスを作ったことを評価するべきか、外したことを責めるべきか?まあ評価すべきですね。すごく良い動きでした。
後半になると全北は10番のクロアチア人トニを投入。これがまたなかなかのテクニシャンでね。全北の選手があまり上手くないから相対的に上手く見えるのかもしれないけど、なんで彼を最初から出さないのだ??ちょっとぎこちないけども独特のリズムのシザースでひょいひょいかわしていく。
ちょっと危ないかなと思った59分。ようやく達也がゴール!闘莉王とのワンツーでフィニッシュ。長谷部のゴールに続いて良い形のゴールだ。
あとはAWAYの2戦目を考えると完封でフィニッシュしたいところだったけど、ロスタイムで失点。2-1で試合終了。2-0で終わっていれば2戦目は0-1で負けてもOKだったのに・・・。
過ぎたことはしょうがないけど、悔やまれる失点。都築もブチ切れてペットボトル投げつけてたね。
今日の調子でいけば負けることはないと思うけど、どんなに力の差があっても相手のホームでは何故かうまくいかないもの。それはグループステージのアウェイ戦で1勝もあげられなかったことが証明してる。もっとも1勝も出来なかったけど、1度も負けてないっていう事実もあるから大丈夫なはず!
2戦目は来週の水曜日。木曜日に重要なプレゼンがあるから多分会社でネットチェックになるんだろうな。勝って(引き分けでも良いけど)帰ってきてくれー。
ちなみに今日の観客数は33103人でした。なんだかチケットが随分売れてないって話題になってたけど、平日の割にはそこそこ入ったんじゃないかな?応援の迫力もいつもと変わらなかったし。準決勝、決勝も平日だけどこの分でいくと平日5万人動員もありえるね。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です