vsFC東京

坪井に代わって堀之内
今日スタジアムに着いて驚いたのは坪井がサブ組でアップしてたってこと。ついにオシムジャパンだけでなくレッズのレギュラーも危うくなったのか???と思ったけどどうやら足をケガしてたみたいです。
坪井に代わって出たのは堀之内。堀之内はいままでも不動のレギュラーという感じじゃなかったけど、レギュラーのケガやら出場停止やらなんだかんだ試合に出て競争に勝ち残っている。そして試合に出ると安定したプレーを見せてくれる。
今日も1対1のディフェンスはほとんど勝ってたし、なにしろ勝ち越しゴールまで決めてくれた。
左サイドの平川も前々節のガンバ戦からスタメンになって好パフォーマンスを見せてる。前節の甲府戦に続いて今日も2アシスト。
堀之内も平川もレッズを代表するような選手じゃないかもしれないけど、ここぞという時に結果を出せる勝負強さを持ってる。だからこそ粒ぞろいのレッズで生き残っていけるんだな。相馬も凄く良いプレーヤーだし僕は彼のドリブルやフェイントが大好きだけど、ここまで結果を残せていないのが辛い。
プロの世界は惜しいじゃダメ。華麗なドリブルで突破してラストパスを送ってもそれが点に繋がらないとダメなのよ。どんな形でも結果を残さないと。突然やってきたチャンスに結果を出した堀之内と平川に、結果を残せる選手の勝負強さを見た気がした。
もちろん坪井や相馬が点に絡んでないからって、ダメな選手ってわけじゃないけどどうしても分かりやすい判断基準になるんだよね。
もっともこれから坪井や相馬に再びチャンスが巡ってきた時に形を残していけば良いわけだし、それが強いチームってもんだ。
勝負強いってことで言えば永井もなかなかのもの。天皇杯決勝同様にガンバ相手に決勝ゴールを決めた。今日もゴールこそなかったけど、良い動きをしてた。
今のところレッズは代わりに出た選手が活躍するという強いチームのスパイラルに乗っかってる。そうなると気になるのはいなくなってた選手が戻ってきた時だよねえ。
・・・つまりワシントンですよ。ワシントンが帰ってきたらレギュラーに戻るのでしょうか?僕は前線が動き回る今のサッカーのほうが好きだし、機能してると思うし、何よりレッズのスタイルだと思うのですが・・・。
試合は上述の通り平川の2アシストで達也と堀之内がゴール。後半にはポンテが決めて3-2で勝利。
先制された時間帯は中盤が間延びして選手と選手の距離がちょっと遠かった。DFからの無理なフィードを拾われて相手ボールになってしまうことが多く、決められるべくして決められた感じだった。でもまあ90分戦えばああいう時間帯もあるでしょう。それよりもすぐに2点取り返したことを評価したいです。
そしてガンバが負けて勝ち点差は4になった。ガンバじゃなくて鹿島がライバルになりそうな気配も漂ってるな。

Share this:

“vsFC東京” への3件の返信

  1. お疲れ様です。なんとか勝てましたね。
    最近のレッズは層の厚さというよりは、これまで控えに甘んじていた選手の必死さが表れている感じですね。平川も堀之内も元々は素晴らしい能力の持ち主ですから、本気と必死さを出せばこういった結果に結びつくのだと思います。
    これで相馬や坪井も更に刺激を受けて発奮してくれれば良い相乗効果になりますね。

  2. うえさん。
    コメントありがとうございました。
    相馬は次にチャンスを貰った時に活躍しそうな予感がします。
    山田がスタメン外されると発奮するみたいに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です