もらえるものはもらいなさい

今日は埼スタでレッズvs清水を観戦。
今節からキックオフ時間が夜から昼にスライドして、昨日は15時キックオフ。Jリーグの試合が昼の開催になると秋になったんだなって実感する。実際今日も秋の気配が漂ってて、日陰に入るとちょっと涼しいくらいだった。

きれいな秋空
試合は出だしはレッズペース。先週もそうだったけど試合の入り方の悪さはだんだん修正されてる感じだ。何回か惜しいチャンスを迎えた後、コーナーキックからワシントンがゴール。角度のないところから冷静にキーパーの股を抜いたストライカーらしいゴール。ここまでは素晴らしい。で、この後も先週同様にやや押し込まれる展開。先週と違ったのはここからで、押し込まれて決定的なピンチもあったけどなんとか無失点で試合終了。1-0で難敵の4位清水を撃破。ほっと一安心。
最近1-0の試合が好きになってきたって先週の日記に書いたけど、今日の試合は僕の考える1-0と、ちょっと違う。なんつーかもっとビシっと引き締まった1-0が良いんだよね。相手のシュートがポストを叩いたり、キーパーの好セーブが頻発する完封じゃなくて。得点も相手の堅い守備をかいくぐって、なんとか1点取ったっていうよりも何回も決定機を外して1点しか取れなかったって感じだった。大事なのは無失点で押さえることなわけだから、得点は取れる時はたくさん取っても良いんですよ。当たり前だけど。
4位の清水相手に勝ち点3が取れたことを満足するべきなのかもしれないけど、ガンバは3位川崎相手に4得点だからねえ。これでレッズとの得失点差が4に開いたことを考えると、今日1点しか取れなかったことがなおさら悔やまれる。来週は京都相手だからいっぱい稼いでくれー。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です