勝ち方へのこだわり

下北沢で友達と別れて、地下鉄を乗り継いで浦和美園へ。
今日はVS広島戦。広島は下位に低迷してるものの最近は鹿島や磐田に勝ったりして調子を上げてる油断出来ない相手。しかもレッズはここ最近調子が悪い。とりあえず埼スタなので負ける気はしないけど、ガンバが昼間に勝ってるので、勝ち点3を確実に稼ぎたいところ。
試合は出だしからレッズペース。最初の10分で2、3回の決定機を作るとそのままレッズペースで試合が進む。35分に闘莉王(自称センターバック)がアレックスから左サイドでボールをもらってペナルティエリアへ向かってドリブル。相手のディフェンダーをつたないフェイントでかわして、ペナの角あたりからシュート!ドイツW杯開幕戦のラームのゴールを思い出させる闘莉王(自称センターバック)のビューティフルーゴール!この先制点で今日は楽な試合運びになりそうだと思いきや、突如として受け身に回るレッズ。で、あっけなくウェズレイに同点にされる。1-1でハーフタイム突入。

今年最後の夜の試合
1-1っていうのは同点だから振り出しに戻っただけなんだけど、やっぱり失点っていうのは気持ちが良くない。レッズの失点がリーグで一番少ないからかもしれないけど、最近はいかに失点しないかということが大切に感じる。レッズ以外の試合は点数がいっぱい入ったほうが楽しいけど、レッズの場合は3-2で勝つよりも1-0が好きかも。イタリア人の美学に近づいてしまったのか。
後半に入るとますます悪くなっていくレッズ。それでも終了間際に途中交代で入ったキャプテン山田が勝ち越しゴールを決めて勝つあたりはまだツキがあるのか。正直このままだと優勝は厳しい。今後は強豪相手の試合が続くからなんとかしないと。来週は清水だぞお。このままじゃやばいぜえ。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です