Nations league Italy v Germany

セリエAのシーズンが終わりネーションズリーグが始まった。選手の疲労が溜まったこの時期に開催することを問題視する声が多いようだけど、ファンとしては嬉しい限り。
イタリア対ドイツが観られるなんて夢のようです。試合会場のボローニャはトリノから特急で約2時間。日本だったら京都から東京に行くような感覚。・・・そう考えると遠いかな?(ただし電車代は新幹線よりも安い)

ともあれセリエAを観まくった今シーズンの総決算としてはこれ以上ないほど良い試合なので行ってきました。
ボローニャを軽く観光して中心地からバスで10分くらいのところにあるスタディオ・レナート・ダッラーラへ。
バスを降りるとパトカーに先導されるイタリア代表のバスが目の前を通りました。

ポルティコ付きスタジアム

ボローニャはポルティコと呼ばれるアーケードが有名で、世界遺産にも登録されているんだけど、まさかそのポルティコがスタジアムにもあるとは思わなかった。ご当地スタジアムだなあ。

早速入場。何やらVIP席に入る人たちを待っているファンが多かったけど僕らはスタジアムの中へ。VIP席に来る過去の名プレイヤーよりも現役選手が見たい。

ドイツ代表・・・と思われます

入場すると早速ドイツ代表らしき人たちがピッチの上で談笑してる。うーむ誰が誰だかさっぱりわからん。正直この10年くらいはJリーグ(というか浦和の試合)しか観てなかったので、顔と名前が一致する選手がほとんどいない。
続いてイタリアのGKが練習しにきた。ドンナルンマ!流石に彼は知ってる。そして・・コーチのビアリ!歳をとりすぎててよくわからなかったけど隣にいた人が名前を叫んでくれてわかりました。
まあこの辺の選手が僕の世代の選手なわけです。なので当然マンチーニもよく知ってます。

https://channelfootball.love/wp-content/uploads/2022/06/220604c.mov
ビアリ!

GK以外の代表選手も入ってきた。・・・がイタリアも知ってる人があまりいない。あれだけセリエAの試合を見たのに。名前は聞いたことがある選手がほとんどだけど・・・。ちなみにイタリアは先日アルゼンチンにフィナリッシマ(南米王者対欧州王者)に敗れた後にかなりの選手がチームを離れて若返りを図った。残念ながらW杯に出れないので4年後を見据えてるようです。
ベンチメンバーまでチェックしたけどユベントスの選手はゼロ。おいーそりゃあないよー。

それにしてもイタリアもドイツも自国でプレーしている選手が多いから、すごく「国の代表」って感じがするな。日頃は凌ぎを削ってる選手たちが同じチームで戦うっていうシチュエーションも燃える。

し・・知らない選手が多い

アップが終わりいよいよ選手入場という段階で周りが騒がしくなった。なんとベンチに入らなかった選手がメインスタンドで観戦するためにやってきたのです。

https://channelfootball.love/wp-content/uploads/2022/06/220604e.mov
ボヌッチ、ロカテッリ!・・試合に出なさいよ!

ベロッティだ!うわ写真撮ってもらってる良いなー。あの辺の席だったら良かったなあ。お、ボヌッチ。彼もファンサービスしてる。うわーすげー。ていうかあなた試合に出なさいよ。

選手が入場して国歌斉唱。まずはドイツ国歌から。

国歌斉唱

曲が流れるとブーイングが起こった。あー下品だなあってがっかりしてると途中からブーイングが拍手でかき消された。素晴らしい!

https://channelfootball.love/wp-content/uploads/2022/06/220604g.mov
ブーイングが拍手でかき消された

試合開始。想像通りだけど代表歴が長い選手をずらっと並べたドイツがイタリアを圧倒する。ガッチリ守るイタリア。うーむ、これは失点は時間の問題か?と思われた20分頃から徐々にイタリアも盛り返す。

イタリア対ドイツ。この2チームのユニホームを見ただけで感動。

前半は0-0で終了。
ちなみにウチの奥さんはドイツの9番のプレーについて
「あの人サッカー上手だね」
と評価してました。
「まあドイツの代表選手だからね」と返しておきました。
ま、と言っても僕も彼が誰だかよく分からなくてググってチェルシーの選手だと知ったのですが。

リュディガーとノイアー

後半に入るとイタリアが優勢に。そして申し訳ないけど、誰?って感じの「ニョント」という小さな黒人選手が入る。彼は小さいけどムキムキでウォーミングアップの時から目立ってました。
これがまた凄く良い選手。小さいのにボールを取られない。そのニョントが右サイドを突破してクロスをあげてペッレグリーニがゴール!

https://channelfootball.love/wp-content/uploads/2022/06/220604j.mov
ペッレグリーニがゴール!

いやー良いもん見た!有名選手を見るのも楽しいけど、全く知らない選手が活躍するのを見ると良い選手を自分で発掘できたみたいで楽しい。まあそりゃあアッズーリに選ばれてドイツ戦に出るくらいだから良い選手なのは当たり前なんだけど。

こりゃー良い雰囲気だ2点目も狙おうと思った矢先にドイツがすぐさま同点ゴール。その後もバタつくイタリア。こういう流れではドイツが強い。危険だなーって心配だったけどどうにか1-1で終了。
ヤングアッズーリ健闘したんじゃないでしょうか。凄く面白かった。
ニョントの他には17番のポリターノやゴールを決めたペッレグリーニが積極的な突破を図っていて良かった。

ペッレグリーニのインタビュー

帰りはスタジアム近くのバス停は人で溢れてたので旧市街の端まで20分くらい歩いてそこからバスに乗ってホテルに帰りました。
いやー楽しかった!

スタジアムにちょっとしたミュージアムがありましたバッジョにシニョーリ懐かしい

Italy:(Goal: 70′ L.Pellegrini)
1 G. Donnarumma
15 F. Acerbi
23 A. Bastoni
3 C. Biraghi(80′ 13 F. Dimarco)
7 A. Florenzi (C)
16 B. Cristante,
21 D. Frattesi(86′ 6 S.Ricci)
8 S.Tonali(80′ 4 T.Pobega)
17 M.Politano(65′ 11 D.Gnonto)
9 G.Scamacca (85′ 20 M.Cancellieri)
10 L.Pellegrini
控え:
5 L.Ramos Marchi
22 G.Raspadori
2 D.Calabria
19 G.Mancini
18 N.Barella
14 A.Meret
12 A.Cragno

Germany :(Goal: 73′ J.Kimmich)
1 M.Neuer (c)
17 B.Henrichs(59′ 18 J.Hofmann)
15 N.Süle
2 A.Rüdiger
5 T.Kehrer 
6 J.Kimmich 
8 L.Goretzka(69′ 21 I.Gündogan)
10 S.Gnabry(80′ 3 D.Raum)
13 T.Müller(70′ 7 K.Havertz)
19 L.Sané(59′ 14 J.Musiala)
9 T.Werner
控え:
11 L.Nmecha
23 N.Schlotterbeck
22 O.Baumann
16 L.Klostermann
20 J.Brandt
12 K.Trapp
4 J.Tah

チケット:
Poltrone Gold(メインスタンド)
SETTORE(ゾーン)A
Ingressi(入口)Via Dello Sport
Fila(列)13
Posto(席番号)14
金額 89ユーロ/席

Share this:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。