大舞台での日韓戦に完敗

良い意味で予想を裏切ってベスト4まで進んだオリンピック日本代表。
あまり期待されていなかった中での快進撃という意味では南アフリカW杯とかぶるけど、
終わり方があまりにも悪かったなあ。アジア最大のライバル韓国に3位決定戦という大舞台で完敗。
色々な見方があると思うけど、僕は完敗だったと思います。
組織的なディフェンスと徹底したカウンタ−。
このサッカーを否定するなら、なでしこジャパンのブラジル戦やフランス戦も否定しなければなりません。
嫌みでも何でもなく、韓国のほうが強かった。
日本は韓国の組織を全く崩せなかったし、韓国のような素晴らしいアタッカーもいなかった。
昨日の3決で日本が韓国より優れていたのは小手先のテクニックだけ。
日本のほうが上手いかもしれないけど、韓国のほうが強かった。
世界中が見ている大舞台であんなふうにライバルに負けたのは本当に辛いことです。
アジア予選で負けるのとは訳が違う。
ベスト4に進んだことやスペインに勝ったことを帳消しにしてしまうくらいに辛い。
それくらいがっかりしていたのに、さらに追い討ちをかけるように残念だったのは、
一部の選手達のコメント。
胸を張って帰るとか、恥じることはないとか・・。
一番がっかりだったのは、永井の
「蹴り込むだけのサッカーに負けて悔しい」
というコメント。
何を言ってるんだろう・・・。どこが蹴り込むだけのサッカーなのか?
日本はまともな攻撃をさせてもらえなかったじゃないか。永井は相手のディフェンスを崩せたのか?
2−3とかで負けて、相手のゴールが全てカウンターだったならまだしも、1点も取らずに何を言っているのか。
百歩譲って蹴り込むだけのサッカーだとしても、それは強力なアタッカーがいたからなし得たこと。
韓国のFWがパク・チュヨンではなく永井だったらゴールになっていなかったんじゃないか?
蹴り込むだけのサッカーに負けたのだとしたらその差はアタッカーのレベルってことじゃないか。
蹴り込むだけのサッカーに負けたって言うなら、自分よりパク・チュヨンのほうが優れているって認めたようなもんだ。
同じようにこの結果で胸を張って帰ると言うなら、日本より韓国のほうが上ってことで良いですと認めたようなもんじゃないか。吉田のように大泣きして悔しがらなきゃいかんだろ。
何度も書くけど、相手はアジアのライバル韓国だよ?ブラジルじゃないのっ!
勝負は時の運もあるし、荒れたピッチは日本のサッカーに味方しなかったかもしれない。
だから結果は残念だけどある程度仕方ない。けれども完敗した現実を直視しなかったり、あっさり受け入れてしまっては進歩がないと思う。
試合直後で思わず本音が出てしまったのかもしれないけどね、試合にも負けた上にあんなコメント出されたら応援しているほうはたまらないよ・・・。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です