意地

友達と外苑前の沖縄料理屋でワールドカップ予選のバーレーン戦を観戦しました。結果は1ー0で日本の勝利。最小得点差だったけど、内容は日本の完勝でしたね。特に決勝点の小笠原には不覚にも感動に近い感覚をおぼえてしまいました。俊輔からパスをもらって、リターンを要求する俊輔をおとりに使って、強気にシュート!この「俺が決めてやる」という強い気持ちこそ今の日本に足りないモノなんじゃないでしょうか。
僕は浦和レッズ大好きだから、鹿島の選手は基本的に大嫌いだけど、今日の小笠原は認めます。かっこいいっす。でも、ありえないことだけど万が一、鈴木が同じプレーをしても絶対認めません。ま、いらぬ心配かな。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です