ワールドカップ2試合を終えて

残念ながら0-1でオランダに負けちゃったけど、ここまでの日本代表の戦いぶりは僕の予想を遥かに超えるものです。
正直勝ち点1どころか1ゴールも取れずに南アフリカを去ることになるのでは?と思ってた。
サポーターがTVのインタビューで答えてたけど、
「目標はグループリーグベスト4」
だと思ってた。
ところが初戦でカメルーンに1-0で海外でのW杯初の勝ち点3を獲得。
僕も含めて岡田ジャパンに否定的だった日本人は手のひらを返して一気に盛り上がった。
もうホントに嬉しかったな。ここ1,2年で一番嬉しい出来事だったかもしれない。
本番での勝利っていうのが、こんなにも希望をもたらすものだとは思わなかった。
次の相手は強豪オランダなのに、もしかしたら勝てるかも、あるいは勝ち点1なら拾えるかもという夢まで見られるようになった。
ベスト4という夢はいまだに描けないけど、グループリーグ突破の夢ははっきり描ける。
それでも基本的には多分負けちゃうだろうという覚悟も持ちつつ今日の試合を観戦しました。
結果0-1の敗戦。
負けてもともとと思っていたのに、むちゃくちゃ悔しい。
確かにボールキープ率では圧倒されてたけど、1-1くらいには出来たと思う。勝ち点1でも充分ビッグサプライズだったのに・・。決定機もいくつか作れてた。
松井のテクニックはオランダの選手も含めて一番輝いてたんじゃないか。
大久保はあんまり好きじゃないけど、今日はテクニックも運動量もフィジカルの強さも際立ってた。本田もフィジカルで屈強なオランダ人に引けを取ってなかった。
長友のスピードも通用してた(スローインはへたくそだったけど)。
監督の良し悪しというのはよく分からないし、僕は岡田監督が好きじゃないけど、今回の岡田監督は充分頑張ってるし結果を出してると思う。
ただ、今日は松井と大久保がすごく良かったように見えたから代えないで欲しかった。
代えるとしたらバテ気味だった本田だったんじゃないかな。
まあそれは結果論。
今までも、あと一歩とか惜敗とか善戦というような言葉は何回も聞いた。強豪相手の0-1というのは初めてのことじゃない。でも今日はホントにもう少しだったと思う。それだけに悔しいなあ。
ロスタイムの長友のプレーがPKだったらなあ。岡崎が決めてくれればなあ。
でもしょうがない。結果は負けだけどカメルーン戦同様に自信を深められたんじゃないかな。
これでデンマークに勝ったら予選突破だ。しかも期待出来る。
だけどもキックオフは平日夜中の3時30分だ。
悩むとこだけどやっぱり生で見るしかないよな。
ガンバレニッポン!!

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です