2009年終戦

なぜか両チームとも赤ジャージ
今年最後のレッズ戦を見に行きました。
試合前にゴール裏のコールリーダーのスピーチが聞こえてきた。
「前節は劇的だったけど、そういう試合の次はレッズはダメだよね・・。
俺等(サポーター)もそうだよな。でも今日は絶対勝ち点3持って帰ろうぜ!
京都に紅葉見に来た人は帰って下さい!勝ち点獲りに来たんだよな!」
みたいな感じだった。
ちょっと笑いもとりつつ、盛り上げながら気合いを入れてく。
実に上手な引っ張り方だなーって感心してた。
でもまさか本当にコールリーダーの言う通りの試合展開になるとは・・。
試合は90分通して実につまらない展開。結果から言うと1-0で負けたんだけど、京都もまともな攻撃は決勝点の時ぐらい。あとはなんとも眠くなる展開。
前半は風が強くて、けっこう寒かったけど眠くなった。
見どころは高原が素早いターンから良いシュートを放ったくらいかなあ。
スタジアムも地方の草サッカーを見てるのかと思うくらいしょぼいし、試合内容も全然面白くないし、結果も最悪だし。
最近草サッカーをやってないから、サッカー熱が冷めてるからかなあ。
お金を払う価値無し!って思っちゃいました。
確かに両チームとも優勝とか降格とかACLの可能性がほぼ無いモチベーションの低い試合だし、レッズにいたっては監督や主力選手が来年どれだけ残るか分からない状態で来年を見据えた試合として位置づけることも難しい状況だった。
それでももうちょっと来るものが欲しかったなあ。
試合後、100円で叩き売りされてたフランクフルトを食べた。むちゃくちゃ旨かった。
これが今日の試合の唯一の収穫かな。
今年のJリーグのつまらなさを象徴するような試合でした。
次節最終節は聖地埼スタで鹿島の優勝を見せつけられちゃうかもしれませんなあ。
ふぅー。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です