2009フィンケレッズ初観戦

当然だけど京都に引っ越してからはあんまりレッズの試合を観に行けない。だから関西圏のアウェイの試合はできるだけ駆けつけようと思う。その「レッズ戦における関西圏」の線引きは、東は静岡、西は広島と致しました。
今年はこの範囲のレッズ戦に参戦します。
だけどもさすがに夫婦二人で遠征ばかりしているとお金がもたないのでできるだけケチって安上がりな方法で行きます。
今日は「青春18切符」の2回分を金券ショップで5400円で購入。京都〜静岡の往復が一人当たり2700円!安い!
もちろん普通列車での旅なのでなんと片道5時間かかります。2時間の試合を見る為に往復10時間。でもずっと座りっ放しだったから、本を読んだり眠ったりでそんなに長く感じなかったけど。しかも米原駅で早くもレッズサポに遭遇。レッズサポーターってほんと遠くから集まってるんだなあ。
実際エコパスタジアムに着いてみると、ホームのジュビロサポーターよりもレッズサポのほうが多い。これが関東ならまだ分かるけど、静岡でもこの迫力。恐れ入りました。

ホームサポーターよりも多いレッズサポーター
さて肝心の試合。フィンケ体制になってパスサッカーにモデルチェンジした新生レッズ。開幕戦は負けちゃったけど、ここまで2試合を見る限り楽しいサッカーで今年はかなり期待できる。
今日は話題のルーキー原田元気が体長不良でベンチ。代わりに高原が先発。古巣のジュビロ相手になんとか点を取ってほしいところ。
キックオフの時は原口の位置に高原が入ってたけど、試合が始まってみると達也がその位置にいることが多かった。前半はかなりレッズペース。面白いようにパスが繋がる。
・・・だけどそれだけ。華麗だけどあまり迫力がない。ワクワクするけどドキドキまでしない感じ。当然ゴールもなかった。
逆にジュビロはワクワクも全くないサッカーだけど、レッズの連携ミスを逃さずジウシーニョがゴール。ジウシーニョ凄いね。速いポンテって感じ。
試合を通じて凄く良かったのがエジミウソン。特に体の強さが光った。相手DFのプレッシャーを受けながらもバランスを崩さずポストプレーをこなす。力強い。
後半の同点ゴールは川口のミスによるところが大きい気がするけど、エジが獲ってくれて良かった。一番活躍した人が結果を残した。
同点になってからはジウシーニョがポストを叩いたのと、レッズは高原のボレー、エジミウソンのシュートくらいが両チームのチャンスらしいチャンスだった。
レッズは後半はなかなかパスが繋がらなくなっちゃったな。
良い兆しは見えるんだけど、まだまだ発展途上のレッズ。鍵は多分ダブルボランチだ。去年まではダブルボランチがDFラインに吸収されてサッカーがつまらなくなることが多かった。今年はダブルボランチがもっと攻撃に絡めればサッカーが楽しくなると思う。いまは無難なつなぎに徹しているだけ。時々啓太が上がって攻撃に絡む時があったけどそういうのがもっと増えれば良いと思う。あとは阿部ちゃんのミドルの精度を上げたり、いいタイミングでサイドチェンジが出来たりしたら、ここ数年では最強のレッズになるんじゃないだろうか。
今はなんとなく日本代表みたいなサッカーだな。華麗なパス回しが出来るけど怖さがない。
でもね、ほんと希望が持てる。どんどん良くなる気がする。今年は正直優勝はない気がするけど、ホントの強豪になるためには必要な我慢だと思う。だからフロントにはフィンケを長い目で見てほしいな。
絶好調エジミウソンはアップでも笑みがこぼれる

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です