ACL準々決勝第二戦アルカディシア戦

今日のACLは録画観戦だったけど、試合終了後のアルカディシアの選手が泣いてる姿を見てACLの重要性を再認識した。
アジアの全てのサッカー選手がそのアルカディシアの選手と同じくらいの意気込みでACLを戦ったら、ACLの価値はもっともっと高まると思う。
日本では去年レッズがチャンピオンになってトヨタカップでミランと戦ったことによってかなり注目度が上がってる。
にもかかわらずテレ朝は一体なんなんだ?BSでレッズの試合を放送したくせに、報道ステーションでの扱いが悪いったらない。メジャーリーグの岩村の話題に何十分も時間を割けるのにACLはたった1分かい?だいたい奴らはJリーグはちっとも放送しないくせに日本代表だけ持っていきやがって、僕はテレ朝が大嫌いだ。サッカー文化の創造に貢献する意識なんてかけらもない。
まあめでたい日に怒るのは良くないな。このへんでやめよう。
気分を変えて準決勝の話題ですが、相手はガンバ大阪。日本のチームが相手っていうのはなんかいやーな感じだ。ヨーロッパのチャンピオンズリーグだとけっこう起こることだけど、ACLはまだまだ歴史が浅いからなあ。ACLで日本のチームに負けて敗退なんて絶対受け入れられないぞ。いや今から負けた時のことを考えてちゃいかんな。
残る1チームの鹿島はアデレードで散りました。どうせだったらベスト4のうち3チームが日本のチームっていう状態にしたかったけど。でもって決勝がレッズ対鹿島とかね。それ、燃えるなあ。数年前だったらナビスコカップ決勝の対戦カードじゃないか。いやーほんとACLっておもしろい。来年も是非とも出られるように、今年もACLかJリーグのタイトルをなんとしても獲らねば。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です