真剣勝負と練習試合

先週の城の引退試合で陣取ったJO DREAMSゴール裏は日陰席でした。寒ーい日陰席で2時間もじっとしていたせいか、先週1週間はずっと風邪を患ってしまいまして。水曜日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦は仕事の都合さえつけば現地観戦しようと思ってたけど、風邪が治らず家でテレビ観戦。
家に帰ってテレビをつけると、巻がケガで山瀬と交代するところだった。スコアは0-0。
今日の親善試合は結果よりも内容が大切。何しろ来週には早くもワールドカップ予選があるからね。で、実は一方で内容より結果を激しく求めている日本代表が戦っていて。ハンドボール日本代表です。ま、ココはサッカーブログなので経緯は詳しく書かないけど、ハンドボール五輪予選のやり直し試合VS韓国代表が同じ時間帯で行われている。
人気下降気味のサッカー日本代表に追い討ちをかけるようなタイミングでのハンドボール決戦。サッカーファンが多少はそっちに持ってかれたんじゃないかな。僕もかなり気になってたし。ということでチャンネルをひねると僅差で日本が負けてる。さすがにこの一戦でオリンピック出場が決まるというだけあって、代々木の熱気は練習試合の千駄ヶ谷とは比べ物にならない。サポーターのテンションも凄まじく、国立と同じ
「オーバモニーッポーン!!」
のコールが鳴り響いてるんだけど、本家本元の国立よりもテンポも速けりゃボリュームもMAXだ。
やっぱり出場権がかかった試合って違うなあ。ハンドボール界の日本代表の立ち位置とか歴史とか一切知らないけど、初めて日本全体の注目を浴びてるっていう点でドーハとかジョホールバルあたりのサッカー日本代表のポジションなんじゃないだろうか。ドーハになるのかジョホールバルになるのかで大きく意味が異なるわけだけども、残念ながらドーハになっちゃいましたね。まあドーハほど悲劇的な負け方じゃなかったけど、日本が世界に羽ばたこうとする時に韓国が立ちはだかるって言うのはサッカーと同じなんですねえ。
翻ってサッカー日本代表ですが、後半元レッズ(ここ大事)の山瀬の活躍で3-0で勝ちました。結果よりも内容が大事と書いたけど、ハンドボールの試合と手動式二元生中継でテレビ観戦してしまった僕には内容はよー分かりませんでした。ただ高原の存在感があんまりなかったような気がします。オシムは少し痩せてますます眼光が鋭くなったけど、元気そうでなによりだった。
人気下降気味だとか言われてるけど、真冬の平日夜の練習試合だしこれが健全な状態なんじゃないかなと思います。来週のW杯予選タイ戦もまだまだ3次予選なんで、国中が盛り上がるって感じにはならんでしょう。だけどもけっこう熱い試合になると思うよ。前回だってオマーンやバーレーンに苦労したし、タイにはアメリカW杯予選でカズの(ここ大事)1ゴールでなんとか1-0で勝ったって記憶があります。楽勝ってことはないでしょう。チケットも余ってるようなので仕事の都合がつけば埼スタに参集しようかと思います。(風邪が完治することが前提ですが)
そういえば日本代表の新ユニホームいいねえー。僕はかなり好きです。あの黄色いワンポイントが可愛らしくてイイ。世界的に強そうとかカッコイイとかそういうベクトルのユニホームデザインが多い中、可愛らしい感じが目立ってていいと思いますよ。思わず買いそうになったけどちょっと高いね。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です