テレビ観戦横浜Fマリノス戦

しつこいくらい何度でも書きますが、今年はスカパーがJリーグを独占放送しやがるせいで、レッズの試合をテレビで見ることはほとんどありません。
だから今日のマリノス戦はひさびさのテレビ観戦SS席@ぼくんちスタジアム。でもね、ダメだねやっぱりテレビ観戦は。なんか集中出来ない。もちろん自分のせいだけど、トイレに行ったりお菓子取りに行ったりして。挙句の果てには明日のフットサル大会の事務局から時間変更の電話が入って、連絡網回すことになったりして。
しかも電話中に永井がゴールして、友達との会話無視して叫んじゃったりね。
まあそういう外的要因は置いといてBSの中継は落ち着いていてなかなか良かった。スカパーの中継がどうなのか知らんけど、一刻も早くBSに放送権を戻してもらいたいもんだ。解説の木村和司さんも控えめなところが大好き。なにしろ試合に見入っちゃって黙ってる時間帯が結構あるからね。
それでも永井の得点シーンの直前には
「浦和の得点の雰囲気が出てきている」
などと細木数子なんか目じゃないくらいの予言をずばり言い当てる。
口数は少なくても肝を押さえた発言。さすがです。
で、試合ですが永井のゴールで1-0で勝ったわけだけど、ACLの疲労のせいか運動量で劣るレッズが押し込まれる展開。前半はレッズはほとんど攻撃になっていない(by木村和司)状態。
ところが後半に入るとポンテや永井が決定機を作り出し、都築→山田のお決まりホットラインからポンテ→永井でゴール。ここでも地味ーに山田が効いてる。
その後マリノスは清水が退場になったけど、数的不利を感じさせない攻撃を見せる。
そこを凌ぎきってレッズの勝利。こういう形勢不利な試合をモノにするのは王者の雰囲気があるな。
イタリアの強豪みたいな感じ。スカっとする勝ち方じゃないけどしびれるね。負けたチームはさぞかし悔しかろう。

Share this:

“テレビ観戦横浜Fマリノス戦” への1件の返信

  1. J1:第26節 横浜M VS. 浦和 『永井の長い一日』 の巻

    「ポンテがポンって出して出したパスに、永井に長い距離を走って決められた。」早野がそんなことを言ったかどうかはわかりませんが、永井が値千金のゴールを決めて、…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です