快勝!サンフレッチェ広島戦

前にも日記に書いたけど、平日の試合の浦和美園駅から埼スタへ向かうサポーターの雰囲気は殺気立っててイイね。仕事を終えてキックオフギリギリに駆けつけるもんだから、みんな早歩きor小走りで緊張感がある。指定席組の僕も当然小走りで、この時ばかりは「観戦」というよりも「参戦」という言葉がしっくりくるな。なんていうか「いざ鎌倉!」ならぬ「いざ埼スタ!」って感じ。
ついさっきまで仕事モードだったっていうのも、ピリっとするのかもね。浦和美園駅に着いたぐらいだとまだまだ仕事が頭の半分以上を占めてるけど、駅から約1kmの道のりを大勢のサポーターと一緒に歩いているとだんだんテンションが上がってくる。埼スタに入ってゲートをくぐって、通路の向こうに緑色のピッチが見えた頃に完全にレッズモードに切り替わります。

このあたりで100%レッズモードに
さてそんな感じで今日のサンフレッチェ広島戦。駅からの小走りの甲斐あって前半8分にマイシートに到着。スコアは0-0。投げ出してきた仕事もすっかり頭から吹き飛んで試合に集中。7月はアジアカップの日本代表ばっかり見てたから、なんだかレッズの試合が懐かしく感じる。
月曜日に帰国した代表組はレッズ、サンフレッチェともに全員出席。佐藤寿人や坪井のベンチ組はともかく、フル稼働の駒野、啓太、阿部はほぼ罰ゲーム状態。かわいそうに。でも頑張ってください。言ってることむちゃくちゃだけど。
広島はA代表組に加え、悪ガキ世代とか言われてるU-20の柏木、槙野も出場。元レッズの盛田も先発。驚いたのは3バックの真ん中に駒野が入ったこと。やっぱオシム仕込みのポリバレントなんですかね?
レッズは3-5-2。田中達也は久々の埼スタ登場(マンU戦除く)。達也が復活してからチームの調子も良いので、埼スタ連続引き分け記録にも終止符を打ってくれるはず。もちろん勝ってね。
ところが、前半はなにやらあんまりよろしくない試合運び。相馬の突破からワシントン、ポンテと繋いだビッグチャンスをポンテがすっ転んで、宇宙開発シュートを放ってから、広島にペースを握られる。
前半終了間際にワシントンが先制ゴールを決めたかに思えたけど、不可解なファールで取り消しに。あれ結局なんだったんだろ?いまだによく分からんけど、審判がダメって言ったらダメらしい。
迎えた後半。坪井のクリアミス、鈴木のパスミスという代表コンビのお疲れお粗末から広島にボールを回され、佐藤寿人にゴールを決められる。おいおい佐藤寿人よ、キレのある良い動きするじゃねーか。君もアジアカップ行ってきたんだろ?もっと疲れていてくれよ。
先制されてようやくスイッチが入ったレッズ。ぶん殴られてからようやく戦闘モードに入るあたりはこないだの日本代表に似てる気がする。まずはポンテのクロスを闘莉王が決めて同点。
その後ワシントンが盛田に倒されてPK。遠くてよく分からなかったけど、多分前半のゴールを取り消したのが審判の心にひっかかってたんでしょう。罪滅ぼしのPK進呈とみたね。
「あらーすいませんねえ気を遣ってもらっちゃって、お返しなんて結構ですのに」
などと一応の遠慮を見せつつも(そんなわけないが)しっかりとポンテがPK成功で勝ち越し。
あとは遠慮なく達也、ワシントンが追加点をとって結局4-1で快勝!2トップが二人とも点をとったのも良かったけど、今日は山田と相馬の両サイドが良かったな。代表で課題だった個人での突破が出来てたと思う。日本代表と比べるとパス回しが粗い感はあるけど、シュートの意識の高さもレッズのほうが上だし、両サイドもレッズのほうが良いと思うよ。山田は確かに2010年を考えると年齢的に厳しいのかもしれないけど、もう一度代表で見てみたいな。

Share this:

“快勝!サンフレッチェ広島戦” への2件の返信

  1. おはようございます。水曜はお疲れ様でした。
    ワシのノーゴール、GGRの映像で確認しましたが、やはり敵DFがワシに絡みながら引っ張ってるところに、ワシが振り払って相手が倒れた・・・みたいな感じですね。ただ、振り払う行為は当然だし、相手が倒れたと言ってもここは両成敗ですし、そもそもファールを取られる程のものじゃない気もします。
    結果的に勝ったから良かったですが・・・

  2. こんな大勝は何時以来だ!? ~浦和vs広島

    J1リーグ第14節(順延分)
    浦和レッズ4-1サンフレッチェ広島
    ~埼玉スタジアム2002
    4得点もあげて大勝するなんて、リーグ戦では何時以来な…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です