苦手のグランパスに勝利!

こないだ日記でスカパー!のJリーグ独占放送にブーブー文句言ったせいではないと思うけども、今日のレッズVSグランパスは地上波しかもTBSで生放送だった。
朝から体調が悪かったのでダラダラしながら14時のキックオフを待つ。
今日のスタメンは前節と同じメンバーで3バック。やっぱり今までの4バックは相馬がケガしたことによる苦肉の策だったみたい。今日の形が現時点でのオジェックのベストなんだろう。
前半からレッズはサイドを上手く使った攻撃をしかける。特に相馬はひたすら一対一を勝負して気持ちが良い。果敢なサイド攻撃のおかげでコーナーキックの回数も増え、その内の1回のCKからネネがヘディングで先制点!きれいなヘッド。ネネのゴールは久しぶりだな。その後もレッズの良い時間帯が続く。やっぱり日本のチームだと4バックよりも3バックのほうが攻撃的に行けるのかもしれない。よっぽど運動量と攻撃センスがあるサイドバックがいないと4バックはつまらないシステムになっちゃうのかも。
レッズの良い時間帯が続いていたけど、名古屋の大きなサイドチェンジから右サイドをえぐられて中への折り返しをヨンセンに決められて同点。綺麗なサイドチェンジだったのは認めるけど、折り返された時に敵のFWが二人いたのにレッズのDFが一人しかいなかったのはちょっといただけない。完全に崩された失点。最近のレッズはチーム全体が致命的に油断する時間帯がある。誰かのミスとか相手の素晴らしい連係プレーとかじゃなくて、チーム全体がボヤっとしてる感じ。そんなまったりムードに喝をいれるべく啓太が高い位置で果敢なチェイシングを見せる。迫力満点でなんだかガットゥーゾみたいだった。啓太のこういうところがイイね。
後半もややレッズペース。そして30分過ぎにワシントンが抜け出してキーパーと一対一のビッグチャンス。ところがなんとも煮え切らない形であっさりキーパーに防がれる。あああ、またしても苦手な東海アウェイで勝ちきれないのかと覚悟したその数分後。再びワシントンにビッグチャンス。今度は冷静にゴール右上に決めた。終了間際に危ない位置で本田のFKのピンチがあったけどなんとかしのいで2-1で久々の名古屋での勝利!ようやくチームがまとまってきた感じですね。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です