チベット代表

ワッペンとかのディティールが良いね
先日、妻が知り合いからサッカーのチベット代表のユニホームをもらってきた。
チベットってサッカーの世界では全くもって無名の存在。それでも何故か2001年から、hummelがスポンサーになっていてなかなかかっちょいいデザインに仕上がってる。そのデザイン性に加えて、チベットというスピリチュアルな存在感が受けたらしく、リチャード・ギアやU2のボノ、ボブ・ディランもこのシャツを着てるんだそうだ。
デザイン的な側面はともかく、サッカー代表チームとしてはどうなのかというと、なんと国家として認められていないから、FIFAに加盟出来ないそうだ。
同じくFIFAに加盟出来ないチームが集まって、今年の6月のワールドカップ開催直前に、ドイツのハンブルクでFIFIワイルドカップという誤植か?と疑いたくなる名前の大会が行われた。
参加チームはチベット代表の他に
・ザンクトパウリ共和国代表(これはハンブルクのクラブチーム。今大会を主催していたので「FCザンクトパウリ」が「ザンクトパウリ共和国」として参加したらしい)
・ザンジバル代表
・ジブラルタル代表
・グリーンランド代表
・北キプロス代表
の名前も聞いたこともないような6チーム。
しかも驚くことにこの6チームの中にあってもチベットはぶっちぎりのビリなの。ザンクトパウリに0−7、ジブラルタルに0−5で負けてグループリーグ敗退。全敗どころか無得点。
ホントに世界一弱いみたい。・・・僕にお似合いだわ。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です