TOYOTA CUP

BOCA優勝の瞬間
友達の屋形船パーティーの後に横浜国際に行ってトヨタカップを見てきました。ACミランVSボカ。5月の新婚旅行でオールドトラッフォードで見たチャンピオンズリーグの勝者が戦う舞台なので、物語の完結を見届けに来ました。試合は前半にトマソンとドネのゴールで1ー1になって、こりゃ点の取り合いか?と思いきや、後半からはダラダラになって結局そのまま延長に入っても点が入らずPKでボカが世界一になりました。
CLファイナルに引き続きトヨタカップもPKとは・・。守備的なイタリアサッカーとカウンターサッカーのボカではこうなるのもあたりまえなのかな。話題のテベスも負傷あがりで途中出場であまり見せ場はなかった。
ミランの交代メンバーもものすごく、インザーギ、ルイコスタ、アンブロジーニが途中から出てきた。すごく寒い中で、ほとんど見せ場のない試合で唯一僕を楽しませてくれたのはやっぱりガットゥーゾ。縦横無尽に走り回って2階席からもそのプレーぶりで一目で判別できました。去年のレアルのほうが楽しませてくれたけど、サポーターはボケンセがいっぱい来てたので本場の雰囲気を醸し出していた。
残念だったのは、帰ってからビデオを見たらビデオのほうが現場よりもはるかに面白かったことです。テレビのほうが良い位置からとっているのは分かるけど、こんなに差を感じたのは初めてだった。横浜国際のゴール裏はダメだわ。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です