アテネ五輪2次予選

根本のCK
国立競技場にてアテネ五輪2次予選のミャンマー戦の第1戦目を観戦しました。戦前の予想では2ケタ得点か?とか言われていましたが、前半はなんと無得点。選手達はかなりセーフティな試合運びをしていました。後半さすがに地力の差が出て松井、大久保、中山が得点して3ー0で無事勝利。最終予選に課題をのこしたもののノルマは達成しました。しかしホーム&アウェイ方式なのに2試合とも日本でやるっていうのはどうなんでしょう。
「ミャンマーなんて勝てっこないんだから、めんどくさいから日本で2試合やろう」
てなとこなんでしょうが・・・

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です