西京極の悲劇

3連休締めくくりの今日は、会社の招待券でサンガの試合を会社の先輩夫妻と僕たち夫妻で観戦した。
サンガ(11位)対FC東京(10位)・・・。
サンガのサポーターの人には申し訳ないけど、実際どーでも良いなあって思ってた。
ところがマッチデープログラムを見たら両チームとも結構豪華なのね。
最近ガンガン補強してる京都はフェルナンジーニョ、柳沢、佐藤勇人、水本、シジクレイ、増嶋等々。
東京は平山、羽生、石川、長友、梶山、今野、徳永等々。
元や現のA代表、五輪代表がズラリ。
試合は前半はそこそこ両チーム攻め合って面白い展開。フェルナンジーニョ、柳沢が良い。柳沢はほんと上手いなあ。そろそろ代表戻れるかも。
後半早々に水本がコーナーからヘディングで先制。盛り上がるサポーター。しばらく京都ペース・・・だったのに、またしても加藤監督がやらかした。いや、これ監督の戦術じゃなくてチームの体質なのかな?
残り30分のところで守りに入った。というか攻撃放棄。フェルナンジーニョと柳沢だけ残してあとは全員守備。だからそれ早すぎるって!絶対守りきれんよ。ナビスコの名古屋戦で懲りなかったのか?
案の定、東京に何度も何度も決定機を作られる。ところが今日はギリギリのところで踏みとどまった京都。ロスタイム3分。おお今日は逃げ切れるかも。さすがの僕もそう思いました。ところが残りわずかのところでいやーな位置のFK。
・・・キーパーがかぶったところをあっさりヘディングで決められました。
1-1ドローで終了。
サポーターは優しく選手達に拍手してたけど、これレッズだったら絶対ブーイングだよなあ。今日だけならしょうがないけど、何回同じことやってんだよって。でもね一番ヘコんでるのは選手だからね。こういう時は拍手でもいいかもなってちょっと思った。

Share this:

vsFC東京

坪井に代わって堀之内
今日スタジアムに着いて驚いたのは坪井がサブ組でアップしてたってこと。ついにオシムジャパンだけでなくレッズのレギュラーも危うくなったのか???と思ったけどどうやら足をケガしてたみたいです。
坪井に代わって出たのは堀之内。堀之内はいままでも不動のレギュラーという感じじゃなかったけど、レギュラーのケガやら出場停止やらなんだかんだ試合に出て競争に勝ち残っている。そして試合に出ると安定したプレーを見せてくれる。
今日も1対1のディフェンスはほとんど勝ってたし、なにしろ勝ち越しゴールまで決めてくれた。
左サイドの平川も前々節のガンバ戦からスタメンになって好パフォーマンスを見せてる。前節の甲府戦に続いて今日も2アシスト。
堀之内も平川もレッズを代表するような選手じゃないかもしれないけど、ここぞという時に結果を出せる勝負強さを持ってる。だからこそ粒ぞろいのレッズで生き残っていけるんだな。相馬も凄く良いプレーヤーだし僕は彼のドリブルやフェイントが大好きだけど、ここまで結果を残せていないのが辛い。
プロの世界は惜しいじゃダメ。華麗なドリブルで突破してラストパスを送ってもそれが点に繋がらないとダメなのよ。どんな形でも結果を残さないと。突然やってきたチャンスに結果を出した堀之内と平川に、結果を残せる選手の勝負強さを見た気がした。
もちろん坪井や相馬が点に絡んでないからって、ダメな選手ってわけじゃないけどどうしても分かりやすい判断基準になるんだよね。
もっともこれから坪井や相馬に再びチャンスが巡ってきた時に形を残していけば良いわけだし、それが強いチームってもんだ。
勝負強いってことで言えば永井もなかなかのもの。天皇杯決勝同様にガンバ相手に決勝ゴールを決めた。今日もゴールこそなかったけど、良い動きをしてた。
今のところレッズは代わりに出た選手が活躍するという強いチームのスパイラルに乗っかってる。そうなると気になるのはいなくなってた選手が戻ってきた時だよねえ。
・・・つまりワシントンですよ。ワシントンが帰ってきたらレギュラーに戻るのでしょうか?僕は前線が動き回る今のサッカーのほうが好きだし、機能してると思うし、何よりレッズのスタイルだと思うのですが・・・。
試合は上述の通り平川の2アシストで達也と堀之内がゴール。後半にはポンテが決めて3-2で勝利。
先制された時間帯は中盤が間延びして選手と選手の距離がちょっと遠かった。DFからの無理なフィードを拾われて相手ボールになってしまうことが多く、決められるべくして決められた感じだった。でもまあ90分戦えばああいう時間帯もあるでしょう。それよりもすぐに2点取り返したことを評価したいです。
そしてガンバが負けて勝ち点差は4になった。ガンバじゃなくて鹿島がライバルになりそうな気配も漂ってるな。

Share this:

オシム効果炸裂

今日は埼玉スタジアムで珍しいものを見た。
アレックス2ゴール!
まあ、2得点そのものはそんなに珍しくないかもしれないけど、決め方が珍しかった。1点目は右足、2点目は頭。
特に2点目は中央に走りこんで、体を投げ出して頭にあててがむしゃらさが出てて良かった。明らかにオシム日本代表効果じゃないかな。
アレックスだけじゃなくて、オシム代表を経験した選手達はすごく動きが良くてダイレクトのパス回しがよく繋がってた。惜しくも代表落ちしている小野も、代表落選をポジティブに発奮材料にしてる感じで、随所に効いてるプレーを連発。

今日は5万人超え
対するFC東京は得点王のルーカス、オリンピック代表候補の伊野波や増嶋、アテネ組の石川がいて、あとは茂庭と土肥の古井戸組もいる。茂庭はレッズ戦の時はいつもからっきしダメだから、なんでこいつが代表なのかなって思ってたけど、奴の熱い気持ちは認めたい。彼は生涯FC東京を誓っていて、東京をクビになったら現役を引退するそうだ。その後もスタッフとして東京に残って、FC東京に骨を埋める覚悟らしい。今日の試合後も悔しさのあまり、泣いているように見えた。ああいうクラブへの帰属意識が強い選手がいるチームは強いと思う。
だからFC東京は手強い相手になるはずだった。でも今日はレッズが強すぎたね。小野のビューティフル先制弾、アレックス2得点、達也のダメ押しで4−0の完勝。
東京にはどうにも苦手意識があるんだけど、実は直近6試合は5勝、1分。1年以上負けてないのに苦手なイメージがあるのはやっぱり2004年のナビスコ決勝でやられてるからだろうな。2年近く経ってるのに、いまだに嫌な印象を拭えないなんて、やっぱり決勝のダメージってデカい。リーグ戦の勝利10回分くらいあるかもしれない。
でも今日の勝利は大きいぞ。川崎が引き分けてくれたおかげで、首位奪取できたから。リーグ戦折り返し地点でトップ。このまま12月まで突っ走れ。

Share this:

FINAL AGAIN

お天気だけは最高でした・・・
僕達のナビスコカップ決勝はキックオフ7時間30分前に始まりました。朝の6時30分に明治公園に集合して9時すぎに先発隊2名が入場、僕は12時近くにようやくスタジアムに入ることが出来ました。去年の経験があるので慣れたもんです。今年は天気も良いし楽しいなあなんて思っていたら、ほんとに痛い目にあいました。前半でジャーンが退場して10人になったFC東京を崩せず、まさかのPK負け。さすがのレッズサポーターも試合終了後ぱらぱらと「We are REDS!」コールをするも元気がなくすぐコールが終わってしまい、挨拶に来た選手達に力なく拍手をするのが精一杯でした。ちなみに僕がFC東京戦を見に行ってレッズが勝った試しがありません。(やばい厄病神か?)
ということで試合はかなり残念な結果に終わったのですが、今年は他にも残念なことがありました。一つ目はここ数年問題になっているチケット問題。入場待ちをしている時に、チケットゲッターやヤフーオークションのダフ屋に対する抗議の署名を集めている人達がいて、当然僕達も署名をしましたが、これはレッズファンにも問題があると思う。去年のナビスコ決勝もチケット争奪戦が激しく、僕の知り合いの人でもヤフーオークションに手を出してしまった人が何人かいたけれども、その去年の行為が今年のチケット争奪戦をさらに激しくさせてしまっているのだと思う。
チケットゲッター達に「レッズ戦は人気があるけれども、オークションではちっともさばけない」という認識を植え付けることが大切だと思うのです。どんなに観たい試合でもゲッターから買うぐらいならあきらめなくてはいけないということを、2年連続のチケット争奪戦に参加して初めて気がつきました。
2つ目の残念なことは、レッズサポーターの数人がチケットを持たずに入口を突破するのを見てしまったことです。その人達は大きなフラッグや太鼓を持っていてゴール裏のゲートに入っていったので中心的なサポーターなのだと思いますが、熱いレッズサポーターにも誇りを感じていたので、そんな人達と一緒に応援しているんだと思うととても嫌になりました。
去年オールドトラッフォードに行った時に気付いたのですが、そこの入口は人が一人分しか通れなくて非常に狭く、モギリの人も窓口の奥に座っていて、セキュリティーが厳重に管理されていました。プレミアリーグ開催時では全席指定席になるそうです。恐らく長年フーリガンと戦って来た歴史がこのような措置をとらざるを得なくさせているのだと思いますが、日本もチケット無しで入口を突破するような事件が頻発して、例えば怪我人でもでようもんなら、イングランドみたいにどんどん規制されたスタジアムになってしまうのではないでしょうか?
ヤフーオークションといい、ゲート強硬突破といい非常に刹那的な行動だと思います。良いサッカー文化を育てていく為には、ちょっと我慢することも必要なのです。その我慢が結果的には1年後、10年後のサッカー環境を良くするのだと信じたいです。

Share this:

PASTA

6月に結婚して幡ヶ谷に新居を構えた大学時代の友人の家に遊びに行きました。約束の時間より30分くらい遅れて行ったのに友達はまだ寝ていやがった。文学部出身ながら、WEBデザイナーをやってる変わり者です。なんと休日は彼が料理を担当してるらしく、かなり美味しいパスタを作ってくれました。ちょっと尊敬。
新居訪問後は京王線で味スタへ。レッズ対FC東京を観戦。ギドのお父さんが亡くなった為、エンゲルスが指揮をとった今日はついに2ndステージ初の敗北。僕の観戦成績でも今季初の黒星がついてしまった。なーんか一日中眠たかった。週の半ばの休日だからかな。

味の素スタジアム

Share this:

味スタ

イエーイまた勝った
今日はサッカー三昧の一日だった。朝は金沢文庫のアディダスフットサルパークでフットサルをして、夜は味の素スタジアムで三鷹に住んでいる義理の祖母と妻と3人でJリーグ観戦をしました。祖母はサッカーの生観戦は初めてだったのでSSの席を用意してあげました。内容も3ー1で浦和の勝利でゴールも多く決まって、楽しんでもらえたようで良かった。もちろん僕も最高。今年のレッズの観戦成績は3勝1分。ホント強くなったな。明日は草サッカーの試合だー。なんか最近サッカーバカ過ぎる気がしてちょっとやだな。

Share this:

VIEW BOX

VIEW BOXからの眺め
ひょんなことから埼玉スタジアム2002のVIEW BOXのチケットが手に入った。試合前にはなんとレッズの監督、コーチ、選手全員と握手会というイベント付き!握手会は緊張してしまってほとんど何も話せなかったのがとても残念でした。永井、坪井、山田の代表組や田中、鈴木のU-22組はやっぱり人気があった。試合はメインスタンドの1階後方で、10人くらい入れる個室のベランダが観客席になっている感じです。お弁当や飲み物、MDPも付いてました。かなりVIPな気分で最高!試合はFC東京の固い守りをくずせず0ー1の敗戦。東京にはどうも苦手意識があるんじゃないでしょうか。攻撃はエメルソンの出場停止が痛すぎ!

Share this:

KING KAZU

只今サイン中
どえらいことになりました。東京スタジアムにてKING KAZUにサインしてもらいました。試合前の練習から引き上げるカズに「サインして!」と叫んだところ、すかさず警備員に止められ諦めかけたその時!カズが「投げろよ」というしぐさをしてくれました。無我夢中でカズに代表シャツを投げました。イヤー嬉しい。まわりのファンの人たちにも羨ましがられました。・・・でもこれでこのシャツは練習で着られなくなっちゃったな。

Share this:

J-LEAGUE

TOKYO STADIUM
東京スタジアムに行ってきました。今日の対戦カードはFC東京VS名古屋グランパス!今年の第1ステージでピクシーことドラガン・ストイコビッチが引退してしまうというので、見に行ってきました。今までも何回か見たことあったけど、やっぱり彼はすごい!ホントJリーグをここまでひっぱってくれて感謝してます。ちなみに東京は呂比須ワグナーが結構良かったです。

Share this: