2012シーズン最終節

今シーズンのJリーグ最終節はもの凄い状況でした。
5チームにACLのチャンスがあって、4チームが降格するピンチ。
レッズのACL争いが一番気になるものの、関西3チームの降格の行方も気になるところ。
スカパーをザッピングしまくってチェック。
ACLのほうは理想的な展開でレッズが1-0でリード、鳥栖はマリノスに0-1のビハインド、柏も鹿島に0-1という状況。
さらにレッズが槙野のスーパーFKで2-0にして柏が0-2になりレッズのACLがほぼ見えてきたところで興味の比重は降格争いへ。
神戸は優勝を決めた広島に0-1で負けてる。新潟はぶっちぎりの降格をそうそうに決めた札幌に3-1。ガンバはジュビロと1-1。セレッソは1-2。新潟はこのまま勝ちそう。神戸は逆転は難しそうだから神戸はどうやら降格濃厚。そうなると残り1枠はガンバが勝ち越すかどうかでガンバor新潟。
ちらっと試合を見るとガンバ押せ押せ。遠藤の勝ち越しゴールかと思いきやオフサイド。
なんとなくガンバは残留するような気がしていたところ、まさかのジュビロの勝ち越しゴール!
どひゃー。
ガンバ降格となりました。
京都はプレーオフでJ1昇格を逃し、神戸とガンバがJ2へ・・・
ますますサッカーは東高西低の状況になりそうだ・・・。
そしてレッズですが、無事逆転でACLを勝ち取りました!久々にレッズが檜舞台へ!!
大いに喜んでいると、達也の泣き顔が映し出されました。
そう。達也は今シーズンでレッズを去るのです。
場内一周のセレモニーの後のサポーターへの挨拶には、もうたまらず僕も声をあげて泣きました。
ああ、こんな時に僕はどうして埼スタにいないんだろう。
達也これからもガンバレ。どこに行っても応援するぞ。ブーイングは絶対しない。
なんなら京都にきてくれ。
スーパー達也今までありがとう。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です