フェアプレー

今日は大宮で試合。
20分×4本で
1-0
1-0
1-3
0-0
トータル3-3で引き分け。
僕は2本目に疑惑のオフサイド見逃し判定で1得点。味方も含めてほとんどのプレーヤーがオフサイドと思ったけども、笛がならなかったので一応ゴールに蹴り込んだら、ゴールってことになりました。
最近はお互いフェアプレー精神旺盛なので
・審判に文句を言わない
・セルフジャッジせずに笛が鳴るまでプレーする
っていう暗黙の了解みたいなマナーが出来上がりつつあったけども、ことこのゴールに関しては
「笛が鳴るまでにも程があるなあ・・」
と愚痴られました。
いや僕ももちろん鳴ればやめようと思ったけどさあ・・。
ラインぎりぎりで抜け出したと思ってるわけだし・・・。
味方もだーれも喜んでくれなくてね、なんだか寂しい気持ちになりました。
その天罰かどうかは分かりませんが、今日は(も?)最悪のプレー内容。ボールが足につかないつかない。おまけに3本目には決定的なヘディングシュート外すし。
やっぱり正直にサッカーしなくちゃダメですね。サッカーの神様ごめんなさい。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です