ザルツブルグ良いとこ一度はおいで

今日の天皇杯準々決勝のジュビロ戦はテレビ観戦だったけども心底スタジアムに行かなかったことを悔やんだ。0−2から3−2にひっくり返した直後に同点にされ3−3でPK戦に。PK戦っていうと2004年のナビスコ決勝とかチャンピオンシップとかろくな思い出が無いけども、今日のキーパーは都築。なんかやってくれそうな気がした。結局ジュビロ10人目のキッカー犬塚が外してレッズが劇的な勝利を収めた。久しぶりに都築の笑顔が見られて嬉しかった。
準決勝以降は国立で開催なので今日は今シーズンで勇退するギドにとって最後の埼スタ采配ということもあったからホント勝てて良かった。埼スタ無敗記録も続いたしね。
今シーズンでレッズを去ってしまうのはギドだけじゃなくて、アレックスもオーストリアのザルツブルグというチームに移籍することが決まった。
正直言ってザルツブルグなんてチームは知らなかったけど、アレックスはレッズ以上のチームじゃないと移籍する意味が無いと言っていたから総合的に比較するとレッズより上なんだろうね。
アレックスは大好きな選手だったので快く送り出す為にも、自分を納得させるべくザルツブルグと浦和の比較をしてみた。
人口
ザルツブルグ:15万人
浦和区:14万人(旧浦和市だと50万人)
→ほぼイーブン
出身有名人
ザルツブルグ:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
浦和:山本容子(版画家)、古谷実(漫画家)、内舘秀樹(レッズ)、堀之内聖(レッズ)
→束になってかかってもモーツァルトには勝てない。
街の自慢
ザルツブルグ:映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台になった。ユネスコ世界遺産に指定されてる。
浦和:漫画「キャプテン翼」の明和市のモデル。日韓ワールドカップの開催地。
→ザルツブルグの勝ち
チーム比較
FC Red Bull Salzburg:1933年創立。2005年に清涼飲料水メーカーレッドブルがクラブを買収してRed Bull Salzburgとなった。なんとGMはGIOVANNI TRAPATTONI、監督はLOTHAR MATTHAUS。所属有名選手は、VRATISLAV LOKVENC(チェコ代表) 、NIKO KOVAC(クロアチア代表)、THOMAS LINKE(元ドイツ代表) 、JOHAN VONLANTHEN(スイス代表)の他ヨーロッパの代表クラスがずらり。過去にはOLIBER BIERHOFF、THOMAS HASSLER(ともに元ドイツ代表)も所属。
タイトル:国内リーグ優勝は3度(1994, 1995,1997)。CLやUEFA CUPには数回出場して最高成績は94年のUEFA CUP準優勝。
ホームスタジアム:Wals Siezenheim Stadium、18,200人収容(EURO2008までに30000人に拡張予定)
浦和レッドダイヤモンズ:1950年創立。1996年に正式クラブ名称が浦和レッドダイヤモンズになった。三菱自動車工業が大株主。監督はGUIDO BUCHWALD!来シーズンからはHOLGER OSIECK。主な所属選手は小野伸二、ROBSON PONTE、坪井慶介、山田暢久、田中マルクス闘莉王、鈴木啓太。過去には福田正博、AITOR BEGUIRISTAIN、ZELJKO PETROVIC。
タイトル:2003年ナビスコカップ、2004年Jリーグセカンドステージ、2006年第85回天皇杯、2006年Jリーグ。
ホームスタジアム:さいたま市浦和駒場スタジアム(21,500人収容)、埼玉スタジアム2002(65000人収容)
→うむむ。イーブン(激しいホームタウンデシジョンで)
ということで、今まで全く知らなかったザルツブルグってチームは結構すごいチームらしい。ここなら認めます。頑張ってきてくれアレックス。でもこんな凄いチームでホントに試合に出れるのかね。特にアレより一足先に移籍が決まったガンバの元代表主将とか・・・。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です