龍時01-02

脚本家の野沢尚氏のサッカー小説「龍時01−02」を読んだ。この小説は続編が3巻まであって、おそらくその先も続くはずだったんけど、野沢氏が2004年に急逝してしまったので、その先はもう出版されることはない。残念ながら。・・・ホントに残念だ。それくらい面白かった。
会社の先輩が貸してくれたから読んだんだけど、正直言って読む前は、サッカー小説ってどうなのよ?って感じで期待してなかった。でも試合中のプレーは丁寧に描写されているし、クラブや選手名も実名で、サッカー協会やクラブの組織、代理人システムの構造なんかもリアルに描かれているし、なによりもストーリーが爽快でめちゃめちゃ面白い。
ただ、登場人物の人物像はあまりきちんと描かれていなくて、1冊読み終わっても、主人公がどんな性格でどんな雰囲気の人なのかイマイチ掴めなかった。このあたりはスターウォーズなんかのハリウッド映画に通じるところがあるなあ。登場人物がどんな気持ちで行動してるかっていうのはあんまり関係なくて、結果的にどういう行動をとったのか、いかにストーリーが大胆に進行していくかに重きを置いてる。これは野沢氏が脚本家ということも関係してるのかな。まあ、振り返ってみるとおそらくこの本を読む人は、主人公と自分を重ねて読むはずだからあんまり主人公を作り込まなくても良いのカモ。とりあえず、僕は完璧に龍時になりきって読んだね。最高だった。最後のクライマックスは展開がミエミエなんだけど、全然OK。
02−03(2巻ね)も既に借りたから、楽しみだ。3巻はまだ文庫になってないみたいだけど、2巻の展開具合によっちゃあハードカバー買っちゃうかもしれない勢いだ。それだけに、つくづく野沢氏が亡くなってしまったことが残念だったので、ちょっと調べてみたら野沢氏の死因は首吊り自殺だった・・・。龍時を読んでかなり元気をもらったのに。龍時にも命を削りながらサッカーしてるという表現があったけど、野沢氏も命を削りながら執筆してたのかな。いやもっと個人的な部分が理由かもしれない。
とにかく残念でしょうがない。ちばあきおの「プレイボール」みたいなもんだ。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です