ベンゲルも凄かったが。

某デザイン雑誌編集長に勧められて「オシムの言葉」を読んで非常に感動した。 著者は旧ユーゴ・スラビアに詳しい木村元彦。
サッカーの名監督と言われる人はたくさんいるけど、チームを強くするだけじゃなくて、その国のサッカー文化を底上げしてしまう監督は少ないな。 選手、フロント、マスコミ、サポーター、サッカーに関わる全ての人の意識を向上させようとしてる気がする。レッズファンの僕がジェフの監督であるオシムに魅せられる一番の理由は、「オシム語録」という言葉も飛び出す程のひねりの効いたコメントが楽しいから。
でもこの本を読んで思った。自分の国が崩壊して、隣人が殺しあいをする悲惨な戦争に巻き込まれ、最後のユーゴスラビア代表監督になったオシムの言葉は単にウケを狙ったものじゃない。サッカーについて語っている時でも、サッカーを通して人生を語ってるんじゃないかって思える。憎しみあって(もちろんそうじゃない人もたくさんいて)バラバラになっちゃったユーゴスラビアのどの民族の人も偉大なサッカー監督と言えばイビチャ・オシムの名前を挙げるくらい有能で人徳のあるオシム監督。
全ての日本のサッカーファンは、そんな監督がJリーグに在籍してる幸せをかみしめましょう。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です