コロナ警戒中のJリーグ開幕

新型コロナウイルスが流行している中でどうにかJリーグは開幕しました。
開幕カードはあのイニエスタ擁するヴィッセル神戸と、日本の至宝キング・カズ擁する横浜FC!キングカズがついにJ1に戻ってきました。
どうもキャンプ中に故障をしたらしいカズがベンチ入りするのは難しいだろうとは思ったけど一縷の望みをかけてチケット購入。
・・がやはりダメでした。ベンチ入りならず。その代わりと言っては失礼だけど中村俊輔はしっかりスタメンです。

中村俊輔がJ1に戻ってきた!

ヴィッセル神戸はポドルスキーとビジャが去り、スター軍団の色合いはやや薄まったけどなんと言ってもイニエスタ。今日も相変わらず一人で異次元でした。日本のファンタジスタ俊輔との1対1は感慨深いものがあったなあ。

イニエスタ!

試合はまさかの横浜先制。その後はひたすら守る横浜。神戸は古橋がどうにか1点返して終了。ま、若干盛り上がりにかけたけどイニエスタは今日もすごかったので良し。
コロナ対策ですが下の写真でもわかるように観客の8割以上がマスクをしている感じでした。

マスクをしている人がほとんどです。

僕らも当然マスク。本当は昼から神戸製鋼のラグビーをみてサッカーにはしごするつもりだったけど、感染リスクをちょっとでも抑えようってことでラグビーは断念しました。
んー、これからどうなっちゃうんだろ。

イニエスタ、古橋、酒井高徳。
Share this:

神戸製鋼vsサントリー

2日連続のトップリーグ。ワールドカップですっかりラグビーにはまった僕はJRFUメンバーズクラブ(平たく言うと日本ラグビーファンクラブ)に入ったのでした。
会員特典の無料鑑賞チケットで今日は王者神戸製鋼の試合を観に来ました。会場は普段ヴィッセル戦で来るノエビアスタジアム神戸。相手はこれまた強豪のサントリー。

神戸には何と言ってもあのニュージランドのスーパースター、ダン・カーターがいます。まああ3ヶ月前まで全く知らなかったけど、ダゾーンで彼のドキュメンタリー映画を観てすっかり魅了されました。若くして初めて挑んだワールドカップはまさかの準々決勝敗退、円熟期で迎えた2度目のワールドカップは大会直前の怪我で出場できず(ただしオールブラックスは優勝)。ダン・カーター不要論が囁かれた3度目のワールドカップで素晴らしい活躍をしてチームの連覇に貢献したというなんともドラマチックな選手です。
神戸はラグビーのカーターとサッカーのイニエスタというフットボール界のスーパースターが揃った街なのです。神戸にお住いの方は誇りに思ってください!

そんなカーター要する神戸製鋼はラグビーに興味がない人でも名前くらいは知っているであろう強豪チーム。こないだのワールドカップにも出たオールブラックスのレタリックや中島イシレリ、ラファエレ、山中といった日本代表も多く所属してます。
一方のサントリーも日本代表がずらり。流、中村、松島幸太朗、ツイ・ヘンドリックがいます。
簡単に言えばJリーグ創成期のヴェルディVSマリノスみたいなものなのです。
にわかの僕にはうってつけのカード。

キックオフ1時間前にスタジアム到着。超満員御礼状態。まじか・・。早く指定席の仕組みを作ってほしいなあ。一人くらい空いてるだろうと思ったけどなかなか席が見つからない。
すると前の方の席で荷物を持って移動した人を発見。ラッキー。
前過ぎず後ろ過ぎずなかなか良い席だ。

練習が始まった。おお、ダン・カーターがいる。ついこないだ映画で観た伝説のプレーヤーだ。すげーなー。

試合開始。いきなりサントリーが仕掛ける。日本代表の田村優の弟の田村煕が巧みなステップからトライ。ゴールも自分で決めて0−7。
直後に神戸製鋼がペナルティを得る。蹴るのはもちろんダン・カーター!

おお!ダン・カーター

ダン・カーターのキックはもちろん初めて見るんだけど、なんか妙な角度から助走には入りますね。蹴る方向に対して体を真横にする感じ。クリスティアーノ・ロナウドが蹴る方向に対して仁王立ちする感じになるのと真逆な感じです。腰に負担が来そうな蹴り方ですね。
当然成功。

その後サントリーがまた攻める。松島幸太朗の見事な突破からサントリーがトライ!と思いきや直前に落球していたようでトライ認められず。このミスが試合の結果を大きく左右したような気がします。王者神戸製鋼を突き放すチャンスだったのですが・・
その後も一進一退が続く良い試合。
ダン・カーターも前半の田村のような良い突破を見せた。まあ贔屓目で見ちゃってるのもあるけどやっぱり良い選手ですねえ。あとは神戸製鋼の12番リチャード・バックマンも活躍してたな。

ど迫力
軽トラが事故を起こしたような音がします

それにしてもやっぱり球技専用スタジアムは良いなあ。昨日の西京極と全然違う。タックルの音が聞こえてくるからね。ドンッってちょっとした事故のような音が響いて会場がざわつくことが何度かありました。

結局試合は35-29で神戸製鋼勝利。実に楽しい試合だった。とりあえずミーハーだけど神戸製鋼を応援していこうかな。

ダン・カーターとレタリックのオールブラックス勢
神戸製鋼は日本代表も多い
サントリーの代表勢。中村、松島、田村(日本代表の田村の弟さん)
Share this:

イニエスタ対浦和レッズ

イニエスタ擁するヴィッセル神戸と浦和レッズが対戦するってことで神戸まで駆けつけました。イニエスタ以降チケット代が高騰しているヴィッセルですが今日は奮発していい席を取りました。もちろんレッズ側で。

選手が近い!

神戸は最近ベルギー代表DFや酒井高徳も加入。イニエスタだけじゃないって感じ。しかも古橋って選手は知らなかったけどすごく良い。山口もいて西もいてオールスターの感がある。
・・ということで0−3で負けましたが仕方ないってことで消化するしかない・・・
イニエスタ本当にすごかった。ストイコビッチ以来だな。トラップが柔らかいよねえ。ものすごい距離のダイアゴナルパス(しかもゴールにつながった)もあったし、これは高い金を出す価値はあります。

イニエスタまじうまい

帰りに三宮の地下鉄改札近くにあったヴィッセルショップを物色。カタカナの外国人選手Tシャツが可愛い。今日は出場がなかったダビド・ビジャシャツを買ってしまいました。
決め手は濁点の多さ。店員さんは僕がレッズファンだと知って驚いてました(笑)

神戸の有名外国人選手トリオ
Share this:

イニエスタ詣で

フロンターレファンの友達が神戸戦を誘ってくれたの一緒に行ってきました。
初イニエスタ!ヴィッセル神戸はイニエスタ、ビジャ効果で今年からチケット代が大幅に値上がりしてメイン側2階席で4,500円。
当然ですが突然の怪我とか累積イエローとかでイニエスタやビジャが出ないこともあるわけで、チケットに高いお金を払うのはある意味ギャンブルだ。
今日はポドルスキーは怪我で不在だけどビジャとイニエスタは無事出るらしい。良かった。

神戸のVIP3

スタジアムに入る前にヴィッセルサポーターが集結して深刻な感じで決起集会をしていました。今ヴィッセルは3連敗中。スペイン人監督もクビになり(あるいは愛想を尽かして辞めた)危機的な状況。
この深刻な状況を支えるのは俺たちしかいない!そんな感じでした。大物外国人が来る前からヴィッセルを支えてきた彼らはどういう気持ちなんだろう。大物外国人が来て注目が集まるのは嬉しいだろうけど、チケット代が法外になってるからね。毎試合応援している人の気持ちは複雑だろうなあ。

3連敗中で深刻
無事イニエスタ先発

対する川崎もACLの疲労困憊で家長や中村憲剛を含めたスタメン7人が出場できない苦しい状況。
試合はヴィッセルペースで進む。やっぱりイニエスタうまい!フルコートサッカーなのに、フットサルみたいな足技を繰り出す。そんなイニエスタと毎日練習してるせいか他の選手達も上手い。・・が、怖さがない。おそらく長い距離を走る選手がいないからじゃないかな。
自分のポジションを外れないから守りやすいんだと思う。

序盤耐えてた川崎がFKから華麗に先制し、さらに山口蛍のトラップミスを逃さず追加点。
3連敗中で自信がないヴィッセルはガクッと来てるのが2階席まで伝わってきました。

コーナーへ向かうイニエスタ

後半、神戸はサンペールに変えて三田を投入。すると徐々に神戸がペースを掴んでいい崩しから古橋がゴール!この古橋はかなりいいですね。代表狙えると思います。あと川崎の長谷川も良かったなあ。ドリブラー大好きです。

1点さに迫って盛り上がるゴール裏。・・そうゴール裏だけ盛り上がる。これはホームチームにとって非常に痛い現象ですね。僕も含めてメインスタンド、バックスタンドの多くの人はイニエスタやビジャを観にきてる。バルセロナのユニホーム着てる人もいたし(それぞれ人の自由だけど個人的にはさすがにそれは失礼なことだと思う)。ホームチームが1点差に追い上げたらどこのチームであってもスタジアム全体が盛り上がってイケイケになる。アウェイチームはまずいぞって焦りだす。
それがホームの利点。でもノエビアスタジアムは全くそんな雰囲気なし。ゴール裏だけ盛り上がるのでむしろその落差がまるでアウェイチームのような雰囲気を作り出す。
試合前に見たヴィッセルサポーターの姿が頭をよぎった。自分たちのホームがこういう雰囲気になってしまうのはかわいそうだな。余計なお世話だろうけど。
例えばクリスチアーノ・ロナウドがレッズに来て、レアル、ユベントスとかポルトガルのユニホームを着た人が埼スタにいっぱい来たら僕は嫌だな。

とにかくイニエスタがいるうちに僕みたいなイニエスタ目当てのサッカーファンに来てもらって、いっぱい稼いで本当に良いチームになると良いですね。
ということでホームの後押しを得られなかったヴィッセルは追いつけるはずもなく1-2で4連敗となりました。

ヴィッセルは負けたけどイニエスタはすごかった。確かに高い金を払う価値のある選手です。また来たいと思わせてくれました。やっぱり一流ってすごいね。

PS:家に帰ってこのブログの過去投稿を調べてみたら、クラブW杯や鹿島とバルセロナの親善試合でイニエスタは観たことがあったようで、初イニエスタではありませんでした。

Share this:

なでしこリーグ初観戦

言うまでもないけど日本の女子サッカーのレベルは世界トップクラスなわけで、2011年W杯優勝、2012年オリンピック準優勝、2015年W杯準優勝という好成績。
女子とはいえ、サッカー界のトップクラスの選手がいるんだから一度は見に行きたいと思ってました。
しかも関西にはINAC神戸という、Jリーグ黎明期のヴェルディ川崎のようなスター軍団がいます。
バロンドールの世界の澤をはじめとして、川澄、大野、鮫島、海堀、近賀、高瀬、中島とか有名選手がいっぱい。
今日は、なでしこリーグのレギュラーシーズン最終戦。
対戦相手は浦和レッズレディースで、INACが勝てば優勝らしい。
最高のシチュエーションなので行ってきました。

初なでしこリーグ
さすがに僕のような考え方も多かったみたいで観客数は11,865人。Jリーグと同じくらい入ったんじゃないでしょうか。
こういう時にどういう試合をするかが重要です。
僕のように試しで来ている人をリピーターに出来るかどうか。
・・・結果的には、残念ながら面白い試合には出来なかったと思います。
0-0の引き分けでしかも神戸は優勝を逃すという展開。
なでしこリーグはワールドカップやオリンピックの度に一時は観客数が増えるもののその後は元に戻ってしまう状況なので、こういう注目を浴びた試合でどういう試合を見せるかが大切なんだけどね。
まあ、こればっかりは相手がいることだしどうしようもないけど、リスクを冒した打ち合いの試合をすべきだったんじゃないかなあ。
ちなみに僕は相手が浦和ということもあり、どっちを応援していいのか分からず、赤、頑張れー、白も頑張れーという運動会の応援状態でのんびり見ました。
ということで、試合は残念だったけど、集客の為の努力は色々してました。
ハーフタイムにはマイナースポーツという共通点で協力していると言う神戸製鋼ラグビーチームがサインボールをスタンドに投げ込むと言うパフォーマンス。ここで奥さんがいつもの強運を発揮して見事サインボールゲット。・・・誰のか分からんけど(笑)
試合後は、マイナンバー制度のアピールしたり、ファンとの写真撮影に応じたり、サインしたりで大忙し。優勝を逃した直後なのに大変。まあそういう頑張ってる姿を見て応援したい気持ちにはなったけど、自分が楽しむ為にもう一度来たいとは思えなかったなあ。
川澄さん、丁寧にサイン対応してます
世界の澤!ピンぼけ失礼

Share this:

案外どうでもよくなかった1st優勝

何節か前の試合後のヒーローインタビューで興梠が
「年間優勝狙ってるから、ファーストなんてどうでもいい」
と言ったのを聞いて、なんてカッコ良いんでしょうと思いました。
今年のレギュレーションは本当に糞だと思います。
2ステージ制はまだいい。
でも両方のステージを制して年間優勝しても、チャンピオンシップがあるっていうじゃないですか。
1st,2nd制して、年間2位か3位に最後の試合だけコロっと負けたら年間王者じゃないなんて・・。
そんなの半ば八百長みたいなもんだ。
そうやって無理矢理盛り上げようとしたって結局今日の試合は地上波で放送されないじゃないか。
と、まあそんなテンションだったけど、さすがに一応「優勝」がかかった試合が関西で行われるのに行かないわけにいきません。
2009年から一度も勝ち試合を見に行っていない僕が行くと無敗記録が途絶えてしまうかもという不安があったものの行ってきました!
ちょっと奮発してバックスタンドの最前列の席。試合全体は見にくいものの臨場感はハンパない!
神戸の増川デカイ!(191cm)プロレスラーか。
試合は僕等の目の前で梅崎が決めてレッズ先制!
おおついに6年ぶりに勝ち試合を見れるか?
と思いきや今日のレッズはあんまりよくない。後半はかなり押されて、宇賀神が退場してからは防戦一方。
残り10分位でついに耐えきれず同点にされてしまう。
ちなみにアシストは元レッズの相馬。
ロスタイムにもかなりやばいのがあったけど、何とか耐えてドローで優勝!
またしても勝てなかったけどやっぱり優勝っていうのはかなり嬉しい。
もし2ステージ制じゃなかったら、「今日も勝てなかったか」という試合だったけど、
今日は優勝を決めた試合になりました。
2ステージ制を変えるためには、文句無しの成績を残して「こんなのおかしい」って言うのが説得力があると思うので、2ndも頑張って欲しいです。
でも、一番説得力があるのは2ndも優勝して年間優勝して、2位、3位のチームにはシーズン中は一度も負けないで、最後のホーム&アウェーで1分1敗して、唯一最後に1回だけ負けただけで年間優勝を逃すってシナリオだと思います(笑)
で、優勝したチームが「こんなのおかしい」って言うのが一番説得力あるでしょうね。
すげー嫌なシナリオだけど(笑)

絶好調槙野

Share this:

どうなる浦和レッズ

埼スタに人種差別を想起させる「JAPANESE ONLY」という横断幕が掲げられた問題で、浦和レッズは前節のホーム試合で無観客試合という制裁を課されました。
さらに、当面の横断幕やフラッグの応援禁止、主力サポーターグループの解散をクラブが自主的に決めました。
浦和レッズと言えば、熱狂的なサポーターが代名詞なのにどうなってしまうんでしょう。数少ない愚か者のしたことの代償はかなり大きくなってしまいました。
ただ、問題を起こした人は数人でも、そういう問題を引き起こすような土壌がレッズのゴール裏で出来上がっていたのかもしれません。
クラブもそれを見過ごしていたのかもしれません。
ということでサポーターを含めて浦和レッズ全体が痛みを被るのは仕方ないのかもしれませんね。
いったんはしゃがみ込むことになるかもしれないけど、新たな飛躍を遂げてくれることを望みます。
ということで、今日は無観客試合開けの初ゲーム。神戸戦。危うく土曜出勤になりそうだったけど、無事回避出来たので観戦してきました。
今回初めて知ったんだけど神戸の試合は、ホームページから席を選びながら買えるんですね。
試合2日前なのに前からバックスタンド4列目の良い席を確保出来ました。
キックオフ40分前に席につきました。めちゃくちゃ良い席!アップしている選手の表情までよく見えます。
最近はとにかく安い席で観戦してたけど、やっぱりこういう迫力のある席のほうが良いな。
レッズのゴール裏は当然横断幕無し。コールリーダーはいるんでしょうか?URAWA BOYSも解散したとのことですが、何も試合に来ちゃダメってことは無いだろうからコールリーダーは続けるのかな?
その辺はよく分からなかったけど、拡声器の声が聞こえて来なかったからコールのとりまとめはしないのかなあ。
太鼓も無しのようです。その分、いつもより迫力がありません。神戸のスタジアムで初めてレッズの応援よりも神戸の応援のほうが迫力があると思っちゃいました。
あたり前だけど、神戸はフラッグも太鼓もガンガンです。

横断幕無しのゴール裏

そんな感じで試合以外のゴタゴタが色々あったわけだけど、肝心なのは試合です。
今日の相手の神戸の両サイドバックは高橋峻希と相馬の元レッズコンビ。
高橋峻希は原口元気の1コ上らしいんだけど、元気がツイッターで「ズタズタにしてやる」って挑発していたようですね。
楽しみです。
15時キックオフ。
ホントに凄い迫力だ。スタンドの上のほうで見るのとでは違うスポーツに感じるくらい。やっぱりサッカー専用競技場って良いなあ。
槙野の声もはっきり聞こえます。
試合はやや神戸ペースで進みました。レッズは中盤で負けていたような気がします。腰痛の柏木不在が響いたか。
神戸はチョンウヨンとシンプリシオが目立ってます。
レッズはたまにサイドから仕掛けるけど、原口に挑発された高橋峻希が頑張っちゃってます。
元気は一度、峻希からボールを奪ったけど、ズタズタにはできませんでした。
あんまりいい流れじゃないなあと思っていたところへ、槙野、宇賀神から梅崎へ繋がってレッズのゴール!先制!
よっしゃ!ガッツポーズをして立ち上がりかけたけど、僕等の周りは神戸サポーターばかりだったので、控えめに喜びました。
アウェイって辛いなあ・・・。

注目の対決

後半に入るとますます神戸ペース。それでもバーに助けられたりしてなんとか踏みとどまっていたけど、森脇の軽率なプレーで失点。その後啓太の同じような軽率なプレーで逆転されてしまいました。
劣勢の試合展開でこんな失点を二つもしてたら勝てるわけない。絶望的な中で李、関根、山田直輝という是非とも見たかった3人が交代出場。
期待が高まったけど、3人とも効果的な働きは出来ずに、ロスタイムにカウンタ−を食らって1-3でジエンド。
神戸はペドロ・ジュニオール2得点、マルキーニョス1得点。中盤はシンプリシオとチョン・ウヨンが大活躍。
つまり外国人助っ人ってことですよ。なんでレッズは外人がいないんでしょ。
JAPANESE ONLYですか?・・いや今はシャレにならないか。
それにしても僕たちが見に行く試合は本当に勝てないなあ。今日こそはって思ったのに。
がっかりしょぼくれながら三宮で神戸牛(激ウマ)を食べて帰りました。

Share this: