初ラグビー観戦!南アフリカVSナミビア

先週、南アフリカとナミビアを旅行しました。現地のテレビで開幕戦の日本対ロシアが放送されていた。いろんな人に日本ではラグビーワールドカップが開催されてるね!と話しかけられ、ラグビーにはさほど興味がなかったのにだんだん気になり始めました。
で、帰国した週末になんと南アフリカとナミビアが豊田で対戦するというじゃないですか。
うーん、これは何かの思し召し。行くしかない!
・・が、当然チケットがない。ダメ元でオフィシャルサイトを眺めているとなんとカテ1が販売されていました。20,000円・・。
今まで全く興味がなかったスポーツに2万円。しかも豊田までの交通費を考えると3万円以上の出費。悩ましいがまあ良い。「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」ってキャッチコピーも言ってるし行ってみよう!

午前中にフットサルをして新幹線で名古屋へ。そこから名鉄で豊田へ。夕方から日本代表が強豪のアイルランドと戦うので試合観戦しようってことでファンゾーンに行くも長蛇の列。考えることは皆同じ。入場規制でおそらく試合中はファンゾーンに入れないだろうとのこと。
それでも一応ちょっと並んでみる。前の南アフリカのシャツを着た外国人夫婦に話しかけてみた。今はニュージーランドに住んでいる南アフリカ人とのこと。
なんとヘルマナス出身。先週ヘルマナスに行ったんだよ!と伝えて盛り上がりました。
旦那さんはジェフさん。体育教師だそうでなんどもワールドカップを観戦しているそう。僕がラグビー観戦は初めてなんだ。ルールもよくわからないから不安なんだと言うと、審判の手の向きをみれば大丈夫だと教えてくれました。
了解。
奥さんは今日の試合のチケットがないらしい。ファンゾーンで待ってるんだそうな。いくら待っても全然列が進まないからジェフさんと一緒にスタジアムに向かうことにした。

歩いて10分でスタジアム到着。ジェフさんとメールアドレスを交換して分かれて自分の席へ。
すげえ良い席だ。近くにはベンチ入りしなかったナミビア代表の選手がいる!
豊田スタジアムは球技専用だから迫力がありそう。普段サッカーを見慣れているのでラグビー選手のガタイの良さが明らかに違うのがわかる。

国歌斉唱

試合開始。想像をはるかに超える迫力。凄まじいスピードで向かってくる巨漢に果敢にタックルしている姿は狂気すら感じる。それでいて乱闘にならない(たまになるらしいけど)。
激しい当たりでも全然痛がらない。審判にも文句を言わないし・・。サッカーと似ているだけにその辺のサッカーとの違いが際立ってたなあ。

スローインいや、ラインアウト。
モールってやつですね。南アフリカはこれが強いらしい。

試合は南アフリカが一方的に押す展開。ナミビアにもなんとか1トライして欲しかったがペナルティゴールのみ。まあゼロじゃなくてよかったか。
試合後もいわゆるノーサイドの精神で整列してスタンドにお辞儀するのも両チーム一緒。

日本に敬意を表してお辞儀スタイル

これは良いものを観たな。もっと観たいなあ。花園か神戸の試合に行きたいな。

ノーサイド
南アフリカ代表初の黒人キャプテンのシヤ・コリシ Siya Kolisi
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です