セパタクロー

毎週日曜にサッカーの練習をしている公園の近所にオリンピック記念青少年総合センター体育館という施設があります。その体育館で今日はセパタクローの第18回全日本選手権大会が行われていたので、練習の合間にチームメイト3人と観に行った。
会場に着くとたまたま決勝戦が行われてた。マイナースポーツなだけに決勝にもかかわらず観客は200人程度?その内197人くらいは参加チーム関係者で、純粋な観客は僕ら3人だけだったと思う。
セパタクローを観たのは初めて。小さいボールを足や頭を使って落とさずに相手コートに返すシンプルなルールだけどかなり難易度が高い。実際のボールで練習してみたけど、リフティングが得意なメンツでやってみても全然うまくいかない。
全日本選手権決勝ということは日本で最もレベルが高い試合だったわけだけど、サーブミスとか単純なミスで点が入ることが多くてアクロバティックな得点はあんまりない。サッカーで言うとオウンゴールの応酬って感じだ。最初はなかなか興奮したけど15分くらいで見飽きてきた。見せ物として盛り上がるようになるには試合のレベルが相当高くないと成り立たないと思った。
ちなみに栄えある第17回日本チャンピオンに輝いたのは横濱というチーム。
試合終了後に横濱のメンバーがコートをウイニングランしながら観客とハイタッチし始めたので、列にまぎれて僕らもハイタッチ。もしかしたら将来のセパタクロー日本代表とハイタッチしたのかもしれない。
いやもしかして既に現役日本代表なのかも。調べる術もありませんが。
9月13日追記:その後いろいろ調べたところ、今大会の観客動員数は過去最高だったとのことです。観客は僕ら3人だけだったなんてちゃかした日記を書いてしまって申し訳ないです。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です