ブログで生中継!オーストリア代表戦(後半)

後半。途中で意識不明に陥る可能性大だけど、行けるとこまで行ってみましょー。
4時24分。ハーフタイム中。朝刊を配るバイクの音が聞こえる。久々の徹夜だわ。
テレビの解説によるとどうやら今回の試合は3大陸トーナメントという大会らしい。オーストリア、スイス、日本なのになぜ3大陸?と思いきやチリも招待されてるらしい。チリとも試合出来れば良かったのに。どうでも良いけどオーストラリアは「豪」って書くけどオーストリアは何て書くんだろう?簡単に実況したいから一文字で表現したいんだけど・・・。
4時35分。後半キックオフ。選手交代はなさそう。前半のシュート数は日本5、オーストリア1だったらしい。
4時37分。縦パス1本で達也がシュート。枠外れる。無念。
4時40分。松井のアップが映る。TBSも視聴率的に出場を願ってるようだ。
4時44分。やや意識が遠のいたけども、気がつくと闘莉王が最前線にオーバーラップしてた。レッズでのプレーを彷彿させる。
4時46分。俊輔のミドルシュートは枠を捉えたけど、GKがキャッチ。そろそろ入れてくれー。(そしたら寝るから)
4時47分。駒野のシュートともクロスともはたまたクリア?とも思えるようなボールがあさっての方向へ向かってゴールラインを割る。眠気もピーク。ソファに座るとヤバイので立ってテレビを見る。家なのに立ち見だ。ゴール裏の気分だ。大声出して応援したらもっと眠気が吹っ飛ぶはずだけど近所迷惑なので止める。
4時53分。稲本がファールで相手を倒す。ちょっと嫌な位置でFK。
際どいコースにボールが飛んだけど、セーフ。歯を磨いていないことに気付いた。すぐに寝れるようにもう磨いておこう。
4時55分。駒野と加地は何故抜いたと思いきや後ろに戻ってしまうのか??前へ前へ行きなさいよ。
4時56分。どうやら松井王子初陣準備が整ったらしい。
5時00分。達也に代えてムッシュ松井。ボンジュール。稲本に代えて中村憲剛。アウフビーダーゼーエン。
5時03分。俊輔のビッグチャンスが防がれた直後矢野に代えて巻。
松井の力強いドリブルが目立つ。ヨーロッパスタンダードです。
加地のクロスの精度が低い。日本基準です。
VIP席で観戦中のお偉いさんがおおきなアクビ。気持ちはよく分かる。僕も眠いよ。
5時10分。残り10分のところで俊輔削られる。ここまでは圧倒的に日本ペース。是非とも結果を。
お!中村憲剛の良いシュート。GK防ぐ。日本の攻撃続く。巻のシュート。枠を外れる。
残り時間わずか。闘莉王が最前線にロングフィードするも繋がらない。・・・レッズでのプレーを彷彿させる。
5時19分。ロスタイム突入。負傷した駒野に代えて今野。惜しいゲームで終わってしまうのか。ロスタイムは2分。
CK!イケイケイケ!キメロ。
・・・ダメだった。0-0で引き分け。場内ブーイングの嵐。このあとPK戦に入ります。
・・え?PKあんの?まあいいか楽しみ。
CM中に書いとくけど、PK戦は得てしてペースを握っていたチームが負けちゃうもんです。嫌な予感がします。川口の神通力は真剣な試合のみ通じる気がするし。
PKメンバー予想しましょう。
俊輔、遠藤、今野、中澤、闘莉王、サドンデスは憲剛、松井って感じか。
・・・で外すのはズバリ俊輔。今日は結構決定機外してたっしょ。
いやもちろん勝ってほしいんですよ。その辺誤解ないよう。
オシムがいつものように控え室に帰ってしまいました。
では中継を中断してPKに集中します。
5時34分。今野が止められて中澤が外して負けました。PKはしょうがない。でも点取れなかったのはイカン。
初めてのブログ中継は慌ただしくてあんまり良くなかったですねえ。断片ばっかり見ちゃったよ。試合は楽しい試合だったと思うけど。
それでは中継を終わります。みなさんおやすみなさい。
あ、達也のインタビュー始まった。
9月8日追記:PKのメンバーは俊輔(○)、遠藤(○)、中村憲剛(○)、今野(×)、中澤(×)でした。遠藤の冷静なPKは最高にかっこいい。オーストリアサポーターからも拍手が起こってました。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です