とりあえず君の家の電話番号教えてよ。

今日はいつもの大宮のグランドで試合。
10時に友達の家に集合だったけど、GKが来ない。
携帯も留守電。GKがいないと試合にならないから、和泉のGKの家に迎えに行った。
家のチャイムを鳴らすとGKの母上が出て、最初は僕の顔を忘れてたけど、名前を名乗ると思い出してくれた。
「GK君いますか?(もちろんGKとは言わないが。」
「上で寝てるよ」
むかっと来たけどそこは抑えて、
「今日試合なんで叩き起こしてイイッすか?」母上の返事が返ってくるかこないかのタイミングで家にのりこむ僕。
GKの部屋に行くとぐったりしたGKが寝てた。
「あー俺今日調子悪いから休むわ。」
なにー!
「だったら連絡しろよ、このヴォケ!!いっそこのままひと思いに楽にしてやろうか!」って怒鳴ろうかと思ったけど、彼の母上が隣にいらっしゃったので
「そうかーお大事にい」って退散しました。
朝っぱらからそんなハプニングがあり、今日の試合はテンション低めでスタート。でも芝の上でボールおっかけると、そんなこたあどーでもよくなるね。
しかも今日は珍しくヘディングで点をとった。最近右サイドのT村から良いクロスが上がるんだけど、今日も1本目のゲームで良いクロスが来た。フリーだった僕はダイレクトボレー!するもキーパーに止められた。こんなに良いクロスは大抵1日1本あるかないかなので、今日はこれで打止めだねーなんて話してたら、4本目にまたしてもチャンス到来。右サイドでフリーだったT村にボールが渡った瞬間、老体にムチうってゴール前にダッシュ!信じる者は救われるとはこのことだ。走り込んだ僕の頭にピッタリのボールが。こんだけ良いボールが来るとゴールとキーパーがハッキリ見えて、どこに打とうか悩めるくらい時間がゆっくりに感じるのね。
ということでゴール左角にパサーッ。
あああ、幸せだあ。もうなんにもいらない。
サボリのGKももういらない。(ジョーク)

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です