ソーシャルディスタンス浦和レッズ

何故かガンバ戦は平日が多い気がする。
コロナ流行によるソーシャルディスタンスサッカーな今シーズンも水曜日。
有給を9月までにあと4日取得しないといけないということでありがたく水曜に有給を取得して吹田スタジアムにかけつけました。
スタジアムに行く前にニフレル前のファミマテラスでビールとおつまみを一杯。
日陰で風が吹いていて気持ちが良い。

キックオフ40分前くらいに席に到着。ソーシャルディスタンスで上限5000席しか販売されず、アウェイサポーター枠はないのでバックスタンドのガンバサポーターに囲まれてひっそりと座ります(レッズ関連グッズは一切身につけず)。
ガンバのアップで遠藤登場。
遠藤は40歳を過ぎてさすがにスタメンは多くなくなったが頼れる大黒柱感があるな。

ガンバの大黒柱

最近のレッズは2節前に名古屋に大敗し、前節は1-0で広島に勝ったもののベタベタに守り通しての勝利だった。
はっきり言って今日は引き分けられれば御の字か。

序盤の立ち上がりは予想通りガンバに押し込まれまくる。
こりゃあ先制されるのは時間の問題だなあと思ってたらなんと関根のゴールでレッズが先制。
新戦力のレオナルドは初めて生でみたけどやっぱりかなり良い。
先制点もレオナルドが効いてたな。
それにしても周りがガンバファンばかりなので、点が入っても全く喜べない。
ぐっと拳を握るのみ。
会場もシーンとして、あれゴール取り消されたのか?って不安になる程。

先制した後も臆病な僕はレッズが勝てるとは思えなかった。
どこかでひっくり返されるだろうと。
ところがその10分後、ガンバのハンドでPKゲット!
蹴るのはレオナルド。

レオナルドのPK

見事ゴール!まさかの2-0。いや、これはいけるかも!
後半になるとガンバは遠藤を投入。嫌な感じだ。
ところがところが!またしても点を獲ったのはレッズ!
相手のミスから(というか今日はガンバはミスが多い)、武藤が久々のゴール!

3-0さすがにこれはいけるだろう。
その後井手口のスーパーゴラッソが決まるも3-1でレッズが逃げ切りました。
ちなみに井手口のゴールは今まで観たゴールで一番すごかったかも。
敵ながら良いもん見たなあって感じでした。ありがとう(勝ったから気持ちよく言える)

あとソーシャルディスタンスサッカーは応援禁止なので選手の声がよく聞こえます。
サンガの試合でもそうだったけど、J1は知ってる選手が多いので誰の声かよくわかります。
レッズだと槙野、西川、ガンバは東口がよく叫んでたな。
審判に対する「今の見てた!!??」とか文句の声がよく聞こえた。
レッズは橋岡がよく怒られてたというか指示を出されてたな。

東口は敵、味方、審判、全方位に対してキレてました(笑)。
それでも試合後はお互い称え合うスポーツマンシップ。
キレてたというより熱くなってたという感じかな。

Share this:

初サンガスタジアムby京セラ

頑張れば家から徒歩でも行ける西京極陸上競技場は、残念ながら僕が訪れたスタジアムの中で、サッカー観戦に関しては最低レベルだと思います。
試合内容どうこうではなく、あの臨場感にかけたスタジアムではそこで行われている試合をどこか他人事のように冷めた目で見てしまいます。
多くの京都のサッカーファンも同じ思いだったように思います。サッカー専用スタジアム建設は京都サッカーファンの長年の願いでした。
そしてついに今年念願のサッカー専用スタジアムが亀岡に完成!
亀岡?ちょっと遠くね?と思わなくもないけどJR一本で行けるので贅沢は言ってられない。
早速僕は3月27日のオリンピック日本代表の親善試合のチケットをゲットしました。
・・・が、ご存知の通り新型コロナが猛威をふるい結局試合は中止となってしまいました。

その後、Jリーグもなかなか開催できず、無観客試合を経てようやく上限5000人という制限をつけて再開することとなりました。
運良く会社でチケットをもらうことができまして、早速駆けつけてみました。サンガスタジアム by KYOCERA。
JRで秘境のような雰囲気の山や渓谷を通過し30分ほどで亀岡に到着。
分かっちゃいたけど駅から近い(目の前)。
さっそく席に入ると・・ああ・・素晴らしい。これだよこれ。サッカースタジアムはこの雰囲気じゃなきゃ!

ちなみに個人的には日本で一番良いスタジアムはガンバの吹田スタジアムだと思います。一番通ったのはもちろん我らがレッズの埼スタですが、スタンドの雰囲気やピッチへの距離を総合的に考えると吹田のほうが上だと思います。
ここサンガスタジアムはその吹田スタジアムを一回り小さくしたような感じで雰囲気はよく似てる。すなわちすばらしい。

この臨場感!

試合開始。
ピッチからの距離が近いことに加えて観客がすくないもんだから選手の声までよく聞こえます。特に外国人選手が倒された時のファールをアピールする叫び声はギャグかってくらいスタジアムに響き渡ってやや失笑が漏れるほど。
試合は両チームともにあまりチャンスも多くなくエキサイトな展開ではなかったけどやっぱり迫力が凄い。どんな熱戦でも退屈に感じさせたのが西京極なら、どんな凡戦でもヨーロッパサッカーのように見せてしまうのがサンガスタジアム。
なんとなく良い試合を観ている気になれます。

とはいえさすがにノーゴールではつまらないなと思っていた後半34分ついに均衡がやぶられる。
CKから京都のヨルディバイスがヘディングでゴール!
我らが森脇が仕込んだというゴールパフォーマンスが繰り広げられました。

見合って見合ってー!
おりゃー! やられたー!

フフ可愛い。
ところがたっぷりゴールを堪能してピッチを見るとなにやら審判が協議をしている。
・・・まさかのノーゴール。何が起こったのかさっぱり分からない。さすがによるディバイスはオフサイドはなかっただろう。どこかでファールがあったのか・・
これだけパフォーマンスをがっつりやってスタジアム全体で喜んでしまうと、落胆も大きい・・。試合終了も近いし、こりゃあ厳しいなと思った直後、またしてもゴール!
今度は正真正銘のゴール!いやー、凄い。
ゴールを取り消されてがっかりきた直後にもう一度ゴールするなんて。
改めて同じゴールパフォーマンス(相撲+カメハメ波?)をしてしっかり喜びを噛み締めて試合終了となりました。
サンガスタジアムでは今のところ4戦4勝だそうです。いや、マジで選手のやる気も変えるくらいのスタジアムのレベルアップだと思います。これならもっと観に来たいな!
来年はここでJ1観たい。

観客が少なかったので帰りも超スムーズだった。満員だったらどうなんだろうか。

Share this:

コロナ警戒中のJリーグ開幕

新型コロナウイルスが流行している中でどうにかJリーグは開幕しました。
開幕カードはあのイニエスタ擁するヴィッセル神戸と、日本の至宝キング・カズ擁する横浜FC!キングカズがついにJ1に戻ってきました。
どうもキャンプ中に故障をしたらしいカズがベンチ入りするのは難しいだろうとは思ったけど一縷の望みをかけてチケット購入。
・・がやはりダメでした。ベンチ入りならず。その代わりと言っては失礼だけど中村俊輔はしっかりスタメンです。

中村俊輔がJ1に戻ってきた!

ヴィッセル神戸はポドルスキーとビジャが去り、スター軍団の色合いはやや薄まったけどなんと言ってもイニエスタ。今日も相変わらず一人で異次元でした。日本のファンタジスタ俊輔との1対1は感慨深いものがあったなあ。

イニエスタ!

試合はまさかの横浜先制。その後はひたすら守る横浜。神戸は古橋がどうにか1点返して終了。ま、若干盛り上がりにかけたけどイニエスタは今日もすごかったので良し。
コロナ対策ですが下の写真でもわかるように観客の8割以上がマスクをしている感じでした。

マスクをしている人がほとんどです。

僕らも当然マスク。本当は昼から神戸製鋼のラグビーをみてサッカーにはしごするつもりだったけど、感染リスクをちょっとでも抑えようってことでラグビーは断念しました。
んー、これからどうなっちゃうんだろ。

イニエスタ、古橋、酒井高徳。
Share this:

イニエスタ対浦和レッズ

イニエスタ擁するヴィッセル神戸と浦和レッズが対戦するってことで神戸まで駆けつけました。イニエスタ以降チケット代が高騰しているヴィッセルですが今日は奮発していい席を取りました。もちろんレッズ側で。

選手が近い!

神戸は最近ベルギー代表DFや酒井高徳も加入。イニエスタだけじゃないって感じ。しかも古橋って選手は知らなかったけどすごく良い。山口もいて西もいてオールスターの感がある。
・・ということで0−3で負けましたが仕方ないってことで消化するしかない・・・
イニエスタ本当にすごかった。ストイコビッチ以来だな。トラップが柔らかいよねえ。ものすごい距離のダイアゴナルパス(しかもゴールにつながった)もあったし、これは高い金を出す価値はあります。

イニエスタまじうまい

帰りに三宮の地下鉄改札近くにあったヴィッセルショップを物色。カタカナの外国人選手Tシャツが可愛い。今日は出場がなかったダビド・ビジャシャツを買ってしまいました。
決め手は濁点の多さ。店員さんは僕がレッズファンだと知って驚いてました(笑)

神戸の有名外国人選手トリオ
Share this:

イニエスタ詣で

フロンターレファンの友達が神戸戦を誘ってくれたの一緒に行ってきました。
初イニエスタ!ヴィッセル神戸はイニエスタ、ビジャ効果で今年からチケット代が大幅に値上がりしてメイン側2階席で4,500円。
当然ですが突然の怪我とか累積イエローとかでイニエスタやビジャが出ないこともあるわけで、チケットに高いお金を払うのはある意味ギャンブルだ。
今日はポドルスキーは怪我で不在だけどビジャとイニエスタは無事出るらしい。良かった。

神戸のVIP3

スタジアムに入る前にヴィッセルサポーターが集結して深刻な感じで決起集会をしていました。今ヴィッセルは3連敗中。スペイン人監督もクビになり(あるいは愛想を尽かして辞めた)危機的な状況。
この深刻な状況を支えるのは俺たちしかいない!そんな感じでした。大物外国人が来る前からヴィッセルを支えてきた彼らはどういう気持ちなんだろう。大物外国人が来て注目が集まるのは嬉しいだろうけど、チケット代が法外になってるからね。毎試合応援している人の気持ちは複雑だろうなあ。

3連敗中で深刻
無事イニエスタ先発

対する川崎もACLの疲労困憊で家長や中村憲剛を含めたスタメン7人が出場できない苦しい状況。
試合はヴィッセルペースで進む。やっぱりイニエスタうまい!フルコートサッカーなのに、フットサルみたいな足技を繰り出す。そんなイニエスタと毎日練習してるせいか他の選手達も上手い。・・が、怖さがない。おそらく長い距離を走る選手がいないからじゃないかな。
自分のポジションを外れないから守りやすいんだと思う。

序盤耐えてた川崎がFKから華麗に先制し、さらに山口蛍のトラップミスを逃さず追加点。
3連敗中で自信がないヴィッセルはガクッと来てるのが2階席まで伝わってきました。

コーナーへ向かうイニエスタ

後半、神戸はサンペールに変えて三田を投入。すると徐々に神戸がペースを掴んでいい崩しから古橋がゴール!この古橋はかなりいいですね。代表狙えると思います。あと川崎の長谷川も良かったなあ。ドリブラー大好きです。

1点さに迫って盛り上がるゴール裏。・・そうゴール裏だけ盛り上がる。これはホームチームにとって非常に痛い現象ですね。僕も含めてメインスタンド、バックスタンドの多くの人はイニエスタやビジャを観にきてる。バルセロナのユニホーム着てる人もいたし(それぞれ人の自由だけど個人的にはさすがにそれは失礼なことだと思う)。ホームチームが1点差に追い上げたらどこのチームであってもスタジアム全体が盛り上がってイケイケになる。アウェイチームはまずいぞって焦りだす。
それがホームの利点。でもノエビアスタジアムは全くそんな雰囲気なし。ゴール裏だけ盛り上がるのでむしろその落差がまるでアウェイチームのような雰囲気を作り出す。
試合前に見たヴィッセルサポーターの姿が頭をよぎった。自分たちのホームがこういう雰囲気になってしまうのはかわいそうだな。余計なお世話だろうけど。
例えばクリスチアーノ・ロナウドがレッズに来て、レアル、ユベントスとかポルトガルのユニホームを着た人が埼スタにいっぱい来たら僕は嫌だな。

とにかくイニエスタがいるうちに僕みたいなイニエスタ目当てのサッカーファンに来てもらって、いっぱい稼いで本当に良いチームになると良いですね。
ということでホームの後押しを得られなかったヴィッセルは追いつけるはずもなく1-2で4連敗となりました。

ヴィッセルは負けたけどイニエスタはすごかった。確かに高い金を払う価値のある選手です。また来たいと思わせてくれました。やっぱり一流ってすごいね。

PS:家に帰ってこのブログの過去投稿を調べてみたら、クラブW杯や鹿島とバルセロナの親善試合でイニエスタは観たことがあったようで、初イニエスタではありませんでした。

Share this:

またしても何故か勝った

京都に引っ越してきて10年以上経つのですが、先日のセレッソ戦で京都に来て以来初めてリーグ戦での勝ち試合を観れました。

今日はガンバ戦。まさかの2連勝目指して欲しいところ。

試合は実にしょっぱい展開でした。どっちのチームも低迷してるだけあって酷い。セレッソ戦よりもつまらない試合。よくこれでお金を取ろうと思えるなあというほど。

酷いなら酷いなりに、守備がボロボロでたくさん点が入るならまだしも、ゴールもなく0-0で試合は進みそろそろ終わるかという時にコーナーキックのこぼれ玉をエヴェルトンが来日初ゴール!
おお・・また勝った。内容は相変わらず酷いけどなぜか勝ってる。これがあの憎たらしいほど強い鹿島を作り上げたオリヴェイラ監督の本領なのか・・・

喜ぶレッズ悲しむガンバ
Share this:

セレッソ大阪戦は結果オーライ

黒のアウェイユニかっこいい

2019年のレッズの初観戦は毎年来ているセレッソ大阪戦。
お互い酷いサッカー。まあセレッソは多少はチャンスを作ってゴールに迫る。レッズはゴールの気配がないまま後半に入り、ソウザのフリーキーックでセレッソ先制。その後も特にレッズが巻き返す雰囲気もないまま終盤へ。

完全に負けを覚悟した頃、マルティノスと山中が同時に交代で入ってきた。
隣の奧さんに
「これで勝ったも同然ですなあ」
って完全に冗談のつもりで言ったら、その山中がFKを蹴って興梠に合わせてゴール!同点!

ワオ。そうなるとアクシデントでもう1点というのはまあ不可能ではない。
そうこうしているとなんと今度はマルティノスが良いドリブルを仕掛けてPK奪取。
マジか。言葉は言霊ってやつか。冗談が現実になるか?
PKを蹴るのはセレッソから今季加入した杉本。
見事成功!
ということで本当に2-1で勝ってしまいました。関西に来て10年以上経ってようやくリーグ戦の初勝利を見届けることができました。

最悪の内容でなんで勝てたのかよくわからない。多分セレッソもなんで負けたかよくわからないと思う。
まあ・・勝ったからいいか。気分は悪くない。

Share this:

恐るべしジョー

在来線を乗り継いで約2時間半かけて名古屋に到着。
駅前や栄のデパートをぶらぶらして、遅めのお昼を食べて栄から高速バスで豊田市へ。
今日の名古屋は非常に蒸し暑い。にもかかわらずバスの冷房が非常に弱い!多くの人が扇子をパタパタと扇いでいる。
しかも満席で僕ら夫婦は補助席。想像より快適じゃなかったけど、朝が早かったせいもありウトウトしていたら割とすぐに豊田市駅前に着きました。
豊田スタジアムはここからさらに歩いて約15分。猛暑なのでシャトルバスで行くことにしました。
いやー遠いなあ。豊田スタジアムは3度目だけどこんなに遠かったっけ?
移動がつらくかんじるのは暑さのせいもあるんだろうな。
スタジアムの裏手(バックスタンド側)にシャトルバス到着。たくさん屋台がでています。以前来た時に食べたグラン巻を探したけど見つからない。日なた側にも屋台があるようだけど、あまりにも暑いので断念してスタジアムに入りました。

TOYOTAグランパス
今日の席はバックスタンド2階席の前から2列目のほぼ中央というかなりいい席。前日に買ったのに何故かこんなに良い席が余ってました。唯一の難点は転落防止の手すりが視界を遮ること。手前のタッチラインのプレーは前のめりにならないと良く見えません。あとは・・周りの人が9割以上はグランパスファン。当たり前と言えば当たり前だけど、以前ならこの辺の中立地帯にももっとレッズファンがいたように思います。点が入った時に喜びにくいなあ。
試合前にグランパスのPR映像がオーロラビジョンで流れました。・・なんと!BGMがニューヨークハードコアの雄AGNOSTIC FRONTの曲(GOTTA GO)でした。学生の頃大好きだったバンドです。でもかなりインディーズな曲で、レッズがオフスプリングの曲を使うのとは比べ物にならないくらいアンダーグラウンドだ。多分グランパスの広報がハードコア好きなんだろうなあ。

まあ、それはさておき今日対戦する名古屋は5連勝中。
キーパーのランゲラックはオーストラリア人なので、ランゲラックを含めて、ジョー、ガブリエル・シャビエル、エドゥアルド・ネットとスタメンの内4人が外国人。しかもジョーは最近絶好調。
あとは懐かしの玉田もスタメンです。
一方レッズはなんと柏木不在。ケガかな?こちらも外国人ファブリシオは最近調子がいい。
序盤はレッズペース。橋岡が右サイドを深くえぐって興梠にパス。興梠がダイレクトで放ったシュートは惜しくもバーの上。んー・・・確かに簡単なシュートじゃないけど、こういう良い崩しからビシッと決めてほしいなあ。
名古屋はフィールドの外国人3人が非常に効いてる。非常に危ないシーンを何度かしのいで、20分過ぎに興梠のクロスを見事なダイビングヘッドでゴールに流し込んでレッズ先制!流し込んだのは・・・名古屋のDF・・。オウンゴールということもあり、周りがグランパスファンということもありで、あまり喜べず。
とりあえず悪い気分じゃない。がその後も波に乗れないレッズ。名古屋が攻勢を強めてクリアミスのような形からPKを取られる。
PKキッカーはジョー。頼む西川!!
・・お!なんと西川が止めた!
・・が、玉田に詰められてゴールとなりました。残念せっかく止めたのに。
それでもまだ振り出しに戻っただけなので余裕ぶっこいていたのですが甘かったです。前半終了近くにFKからジョーに頭で合わされて逆転されたのを皮切りに、ジョーのワンマンショーになり、結局1-4で負けました。
ジョーのことをよく知らなかったんだけど、元ブラジル代表で2014年W杯にも出てるんですね。すごい選手じゃないか。
ジョーをはじめとして外国人が強烈な名古屋はなんで下位に低迷してたんだろ。

やっぱり強力な外国人って重要ですね。鳥栖のトーレス、神戸のポドルスキー、イニエスタほどのビッグネームじゃなくても良いから良い外国人が来るといいなあ。ま、オーストラリア代表のナバウトが復帰してファブリシオと良い連携を見せてくれたら十分かもしれないけど。
ということで、久しぶりの名古屋(というか豊田)遠征は惨敗でした。帰りはシャトルバスの運行がなくて蒸し暑い中を歩いて帰りました。後ろを歩いていたレッズサポが電話で
「はい、今終わりました。最悪でした」
という言葉が非常に印象的かつ共感を持てました・・・。

ハーフタイムのシャチの群れ

Share this:

サポーターとファン

1泊2日の素潜り漁旅行から16時頃帰ってきてヘトヘトだったけど、悩んだ挙句に19時キックオフのセレッソ大阪対浦和レッズを観るべく長居に向かいました。数少ない関西でのレッズ戦というのに加えて、ベルギーへの電撃移籍が決まった遠藤航の国内ラストマッチというのが疲れた体を長居に向かわせました。
今日書きたかったのは試合のことじゃないので試合はさらっといきます。試合は前半にCKから失点したレッズが後半にCKで追いつくという試合でした。最近流れからなかなか点が取れてないけど、セットプレーで得点できてるのは悪いことじゃないと思います。新しい外国人ファブリシオも遠目から強い枠内シュートを打てるので良い変化をもたらしてくれる気がします。

遠藤航の国内ラストマッチ

書きたかったのは、観戦スタイルです。「サポーター」という呼び方を定着させたのは川淵三郎さんをはじめとするJリーグ創設に携わった人たちだと思います。野球のような「ファン」ではなく、一緒にチームを支えていくという意味が込められているんだと思います。その川淵さんたちの思いを一番体現できているのが浦和レッズサポーターだと思います。彼らのチームを支える気持ちは本当に強い。
今日もそういうことを良くも悪くも思い知らされたのでそれを書きます。
長居で見るときは大抵一番安いアウェイサポーター席で観るのですが今日もそこです。はい「サポーター」席です。もっとも熱いスタイルで応援する人たちが集まる場所。もちろんぎゅうぎゅうにはならないので、ゆっくり観戦する人もいます。僕は声は出すけど立って応援するほどではありません。なのでいわゆる爆心地と1本通路を隔てた区域に座りました。そのエリアでも最初は数人の方が立っていたのですが、試合前にコアなサポーターの方に
「今日は人が少ないから集まって応援しませんか?」
とスカウトされて爆心地に移られたので、ますます熱い人とまったりな人の区分けが進んで、僕の座っているエリアは全員座って観戦しています。
0−1で折り返したハーフタイム。僕は疲れて家に残った奥さんにLINEして、その流れでそのままスマホを見ていました。
すると熱いサポーターがこちらの区域に呼びかけました。
「この区域の皆さん!試合中にスマホや一眼レフを覗き込んでいる方がいますが、こっち(ピッチの方)を観てください!僕らはあのチームを倒さないといけないんです。手拍子だけでもお願いします!」
確かにその通り。言い訳するわけじゃないけど僕はさすがに試合中にスマホは見ない。でも今まさにスマホを見ていたので自分が叱られているようで気まずい。自然発生的に拍手が起こる。立っての応援こそしないとはいえ、ほぼ全員ユニホーム姿でそこそこ熱い人たちの集まりだからみんな共感するものがあったと思います。
ということで前半よりもやや声を出して応援した後半についにレッズが同点に追いつく。どっかん大喜び。僕の区域の人たちも当然ひとしきり喜びます。その喜びの最中に大きな声でチャントが始まる。するとさっきの熱いサポーターとは別の40代くらいの男性サポーターがこちらの区域のぬるさに腹が立ったのか、
「もっと声を出せよ、おらあ!」と怒鳴りつけてきました。
おおこわ・・。とビビっているとさらにその隣の50代くらいのおっちゃんサポーターが僕の数列前の20代くらいの女性二人組をもの凄い勢いで罵倒し始めました。叫んでる内容はわからなかったけど、まあもっと応援しろってことなんでしょう。
かなり興奮しちゃっていたので、これは止めないとやばいかなと思った時に、最初に怒鳴った男性がそのおっちゃんを止めて二人は応援に戻って行きました・・。

いや、もうほんとびっくり。自分の応援するチームのゴールシーンって最高に嬉しい瞬間じゃないですか。しかも目の前のゴールで同点弾ですよ。素直にフツーは笑顔でしょ?そんな中で怒り狂ってるってどういう心境なんだろ。周りなんか気にせずもっと自分の感情にだけ向き合ったらどうだ。そりゃあまだ勝ち越してないけど、ゴールの瞬間すら喜べなかったらサッカー観戦の一体どこで喜ぶんだろう。自分達の声援で選手を勇気づけるんだという意気込みは素晴らしい。でも義務になったらいかん。サッカーは自由で楽しいもの。僕が今日ここにきたのは遠藤を送り出したいとか、レッズを応援したいとかそういう気持ちもあるけど、まずは自分が楽しみたいから。何よりも優先したいのは自分の気持ち。自分が楽しみたいからお金を払って京都から大阪までわざわざ来てる。楽しいから応援もする。僕がレッズを支えるんだなんて思ったことは一度もないです。僕はレッズに楽しませてもらう立場。支えてなんかいない(結果的にお金を落としたらそれが支援になることはあるんだろうけど)。
そうじゃない熱いサポーターがたくさんいるのはもちろん理解しているし、彼らの迫力のある応援がスタジアムをいい雰囲気にしてるし、選手の後押しにもなっているでしょう。
でもその人たちは自分がそうしたいんですよね?やらされてるんじゃないですよね?義務感を感じてやってるんじゃないですよね?さすがに立って応援する区域に入り込んでいって座ってる人がいたら
「座るならどっか行け、ここにいるなら立って応援しろ」
ってことでいいと思うけど、試合前にしっかり区分されてるじゃないですか。明らかに座って観戦するスタイルの人、しかも若い女性を恫喝するってなんなんだ?
「俺はこんなに頑張ってるのにお前は何だ?」
ってことだと察するけど、あなたが頑張るのも、女性が座るのも自由だって思うんですよね。
ゴール直後の一番幸せな時間帯にいやーな気持ちになりました。

でも救いだったのはハーフタイムに僕らを叱咤?したサポーターの方が試合後にその女性二人組に「さっきのは気にしないで」と声をかけていたことです。あの人は僕らへの声かけも含めて本当に立派だった。
誤解のないように改めて書きますが、浦和レッズサポーター全体を批判するつもりはないです。一部のサポーターの人たちにもっとサッカーを楽しんでほしいなあと思ったので書きました。「ファン」要素がもうちょっとあってもいいんじゃないかなと。
ま、余計なお世話だと思いますが。少なくとも他の人に無理強いすることがあったらいかんでしょう。
ちなみに僕は川淵さんを尊敬してますが、自分のことをレッズサポーターとは名乗りません。レッズのファンと言ってます。

試合後に遠藤がゴール裏に挨拶に来ました。レッズサポーターからは大きな声援と遠藤のチャント。そして最後にはセレッソのサポーターからも遠藤コール。そうだよなあ。僕らは自分のチームが好きである前に、サッカーが好きなはずなんだよな。試合が終わったら相手チームを讃える気持ちがあってもいいと思う。そうしないのももちろん自由だけど。

ということで遠藤、ベルギーでも頑張ってね。

Share this:

川崎初タイトル!

最終節までもつれたJリーグの優勝争い。鹿島が勝てば川崎の結果に関係なく優勝という条件。浦和ファンの僕としては鹿島には優勝してほしくないという思いがありつつも、川崎にはシルバーコレクターを継続してほしいという意地悪な思いもありました。でも、まあどっちかというと川崎に優勝して欲しかったかな。試合は鹿島が磐田に手こずって0−0で進む一方で、川崎は降格が決まっている大宮相手に開始早々に得点してどんどん点を積み上げる展開。こうなるとあとは鹿島が勝つか勝たないかに焦点が絞られる。ロスタイム5分。ここで鹿島が点を入れるといよいよ鹿島の勝負強さが際立ってますます鹿島が勝者のメンタリティとかいうやつを身につけてしまう・・。試合開始の時は強いていうと川崎に勝ってほしいという気持ちだったけど、ここまでくると何としても磐田に持ちこたえてほしい。
・・その結果、0-0で試合終了。鹿島も川崎も選手、サポーター共々号泣。
浦和のACL優勝の時に思ったのは、去年勝ち点を一番多くとったのに、アウェーゴールの差で勝ち点差15もあった鹿島に優勝をかっさらわれた浦和にサッカーの神様がちょっとだけ微笑んでくれたのでは?ということ。逆に鹿島にはサッカーの神様はちょっとそっぽを向いてしまったのかもしれないですね。去年敗者復活的に優勝して、クラブワールドカップ決勝という舞台でレアルマドリードと戦えたんだから今年はいいでしょみたいな。
一方で川崎はこれまたサッカーの神様がさすがに微笑んでくれたんじゃないでしょうか。小林がすごく良い事を言ってた。天皇杯の負けもルヴァンの負けもACLの負けもこの日のためにあったんじゃないかと思うと。悔しいことがいっぱいあったから本当に嬉しいでしょうね。中村憲剛のスピーチも号泣も本当に良かった。苦労や努力は報われるということ。

ということで全般的には川崎おめでとう!という感じで、ちゃちゃを入れるつもりは全くないのですが、一部で言われている審判の忖度についてちょっと考えてみました。前節、対浦和戦だったということもあってテレビ観戦していたのですが、確かに家長にはイエローが出てもおかしくなかったし(もしイエローが出ると最終節は累積で出場停止だった)、試合終了間際にはペナルティエリア内でハンドがあったけど笛はならなかった(ちなみにその前の試合でもハンドが見過ごされたらしい)。もしこの試合で川崎が浦和に勝てなかったら、その時点で鹿島が優勝。鹿島は試合がない日に優勝が決まってしまい、最終節は消化試合となるという展開だったわけで興行的には面白くない。当然Jリーグは川崎に勝って欲しかったでしょう。でも・・そこで実際にアクションにうつるものなんでしょうか。

家長にイエローカードが出なかった、ハンドが見過ごされたということについて考えられるのは
1.単に審判が未熟
2.Jリーグ又は審判が最終節まで盛り上げようとして川崎贔屓に笛を吹いた
3.Jリーグ又は審判が何度も2位になって悔しい思いをしている川崎を優勝させようとした
ということだけど、さすがに3はありえ無いと思う。でも2は可能性としてはありえる。
あり得るけど・・・、実際に指示が出ますかね?
Jリーグのお偉いさんが、審判に「君わかってるよね。最終節まで優勝争いがもつれた方が面白いよね?」みたいな感じで??
あるいは審判が独断で「よし、最終節まで盛り上げてみるか」って??
んー、結論としてはないんじゃないかなと思います。多分1だったのでしょう。というかそうであってほしいというか。
そんなことを指示したり、実行する人がいたとしたなら、今日の鹿島の選手やサポーターの涙をよく見て胸に刻んでほしい。リーグ全体を意図的に盛り上げようとすることで、一定の人たちを悲しませることがあっていいのかと。まあ、それは無いと願うものの、盛り上げるためなら1年の苦労はチャラにしてもいいというようなルール(去年のチャンピオンシップのこと)を考えるような人たちですからね。もしかしたらくらいには思ってしまいます。

でも鹿島さん。去年の浦和レッズの選手やサポーターは、確実に今日のあなたたちよりもやるせない思いだったんですよ・・。まあ今年報われたからもう良いけど。

ともあれ川崎フロンターレ、中村憲剛おめでとう!ちなみに僕は中3から高校2年まで等々力競技場から徒歩15分のところに住んでました。その頃は川崎ヴェルディのホームでしたが。

Share this: