CWC決勝ACミランvsボカ・ジュニアーズ

毎年のことですけども、クラブワールドカップって寒いですよねー。15時30分に席について3位決定戦を見て決勝のセレモニーが終わるのが21時30分過ぎ。実に6時間も寒風にさらされ続けるわけ。いつもホッカイロが配られるけど、そんなんじゃ足りません。レンタル湯たんぽとかあればいいのに。500円くらいまでなら出します。ご検討ください>FIFA御中。
さて、クラブワールドカップ決勝ACミランVSボカ・ジュニアーズです。2007年最後のサッカー観戦。2007年はこの試合を含めて30試合サッカー観戦しました。そして浦和レッズ以外の試合を見るのはこれが今年初めてです。今年唯一のレッズ以外の試合観戦は世界最高峰のクラブチームの試合ということでそれなりにテンションもあがったんだけど、前半は不覚にもウトウトしてしまいました。
こんなに寒いのに何故眠気が襲ってくるんだ??って自分でも不思議だったけど、最近はレッズを応援する試合しかみてなかったから、どちらのチームも応援してない試合を見るってのは退屈になっちゃってるのかも?
とはいえカカーの突破からインザーギが先制点を決めてからはバッチリ目が覚めました。ここ最近は南米が虎の子の1点を守りきるみたいな展開でつまらない試合が多かった。だけどヨーロッパが先制したことで面白くなりそうだって思ってたら、すぐさまボカがコーナーから同点に追いついた。
おおお、今年はひと味違うぜ。
後半に入るとACミランの真骨頂が炸裂。レッズが戦ったミランも充分凄かったが、今日はさらにスゲエ。今日のミランとあたらなくて良かった。
丁寧で速いパス回し。ほれぼれします。やっぱり一番輝いてたのは大会MVPのカカ。ほんっとに速い。速いといえば昔だったらカニージャとか最近だったらメッシかな?日本だったら岡野?そんなとこだけども、カカのスピードはそういうのとちょっと違うんだよなあ。相手DFのタイミングの外し方も上手いんだと思う。多分50m走とかだったら坪井も負けてないと思うんだよね。
あと凄いと思ったのはピルロのロングキック。なんかかるーく蹴ってるように見えるのに力強いボールなんだよな。しっかりボールの中心捉えてるんだろうな。華麗に強い弾道。ACミランというとどうしてもディフェンスってイメージがあってガットゥーゾとかに目がいっちゃうけど、今回は攻撃が素晴らしかったな。
結局後半にネスタ、カカ、インザーギが決めて4-1、その後カラーゼが一発退場した後に1点返されたけど4-2でボカを下しました。ボカも良いところがあったんだろうけど、全然印象に残らないくらいミランが凄かった。

ACミラン優勝
ということで久々に良い決勝で、久々にヨーロッパが勝ちました。もっともヨーロッパが勝ったといっても大会MVPはカカ。つまり一番輝いてたのはブラジル人なのね。よく考えるとミランは今日だけでも、カカ、ジダ、カフー、エメルソンの4人のブラジル人が出場してた。この4人以外にもロナウドとセルジーニョがいる。6人もブラジル人がいるヨーロッパのチームが勝ったのです・・・。ちなみに大会得点王は3得点の我らがワシントン!当然彼もまたブラジル人です。
やっぱりブラジルスゲエ。なんだかんだ言って、一番凄いのはミランのイタリアでもボカのアルゼンチンでもなくブラジルってことですな。
レッズだってポンテがいればミラン相手に1点くらい返せたかもしれない!
そんなことを考えてるうちにふと思ったんだけど、同じ大会なのに外国人枠のしばりがチームによって違うのは問題じゃない?
なんでレッズは外人3人まで(しかも一人はケガで不在)なのにミランはブラジル人だけでも6人もいるのよ。
・・・もっともミランがイタリア人オンリーだったとしても勝てる気はしませんが。

Share this:

世界で三位になりました。

2007シーズン最後のサッカー観戦。残念ながら奥さんは体調不良で急遽自宅待機。ペアチケットを浦議の掲示板で譲って、たまたま1枚チケットが余った大学時代の友達モッチーと一緒に観戦。
モッチーのチケットの席はカテ4の南側ゴール裏2階。キックオフ30分前の15時30分に席に辿り着くとなんとそこはレッズサポーターの爆心地。期せずして熱く応援することになりそうだ。もっとも僕らのように取れた席がたまたま爆心地だったことを喜んでる人も入れば、ゆっくり座ってみたかったのにって人達も少なからずいたようで、微妙に
「座ってください」
「あんたも立ってみればいいだろ」
みたいないざこざもあったけど、最終的にはお互い落としどころをみつけて共存してました。お互いちょっとずつ嫌な気持ちを引きずってたっぽいけど、それが大人ってもんですな。
で、世界で三番目に強いクラブチームを決める重要な一戦ですが、キックオフ直後の観客の入りは4割くらい。およそ3万人くらいかな。ほんと毎年思うけど、バカ高いチケット代の中にはこの3位決定戦の値段も含まれてるんですよ!しかも今年はレッズが出てるのに。海外サッカー至上主義もいいけど、海外サッカー以外は興味ないっていうスタイルはちょっと悲しいね。その後30分過ぎには9割くらい埋まったけどね。
まあそんなことはどうでもいいや。
レッズのスタメンにはキャプテン山田が復帰。しかもトップ下。こないだのミラン戦では山田が入ってから流れが変わったからやっぱりキャプテン頼りがいあるなーって思ってたんだよね。
おかえりなさい山田さん。
だけども試合は開始早々に坪井がシェルミティを倒してPK献上。いきなり0-1。
その後もレッズは攻撃の形がなかなか作れない。さすがにミランみたいに圧倒されることはないけど、攻撃出来ない具合はミランの時とあんまり変わらない。
前半30分頃に右サイドからクロスが上がってあっさりキーパーに取られた。思わず
「やっぱり細貝のクロスは良くないねー」
「でも細貝ってホントはサイドの選手じゃないからしょうがないんじゃない?」
なんてモッチーと話していたけど、良ーく見るとクロスを上げたのは山田だった。
あれれ?いつの間に?
いつ替わったのか全く気がつかなかったけど途中から細貝がボランチに、トップ下に長谷部が入ってました。
で、このあたりから流れが良くなり出して、相馬のクロスをワシントンがヘディングでゴール!
相馬は今回のクラブワールドカップは調子いいねー。来年はアレックスが戻ってくるらしいけど頑張れよー。そして来年と言えば、ワシントンは来年レッズにいない。ワシントンにとっては今日がレッズでの最後の試合。
そしてネネも。
下手すると長谷部も。
今日はちょっとした卒業試合だ。
その後もワシントンにチャンスがあったけど決められず1-1で前半終了。
後半に入ると相馬のクロスが相手の手に当たってFKゲット。これをワシントンが再び頭で合わせてゴール!ゴール裏のサポーターにかけよって脱いだユニホームにキスしてました。当然イエローカード。
数年前にユニホームを脱いだらイエローカードってルールが決まった時は、熱いパフォーマンスが見られなくなってつまらないなって思ったもんだけど、逆にイエロー覚悟でパフォーマンスする姿っていうのが最高に熱くていいねー。イエローもらってでもサポーターに感謝の気持ちを!っていう想いがよく伝わった。
ワシントン!あなたの気持ちはしかと受け取った。2年間本当にありがとう!
このまま2-1で逃げ切れれば一番良かったんだけど、ネネと都築の連携の悪さ?からシェルミティに決められた。今日は2失点ともつまらん失点だ。世界のてっぺん目指すならどげんかせんといかん。
90分では決着着かず勝負はPK戦へ。エトワール・サヘルの一人目がいきなりポストに当てたのに対して、レッズはワシントン、阿部、永井、細貝(!)全員が決めた。エトワール・サヘルが試合終了直前に投入したPK専用キーパーってのにはちょっと警戒したけど無事全員決められて良かった。エトワール・サヘルの4人目のPKを都築がストップして見事勝利!
勝利の瞬間、都築が照れくさそうにゴール裏に逃げ込んだのは2失点目の責任を感じてたからかな?それなら全然気にすることない!都築に救われたこともたくさんあるわけだし。実際PK止めてくれたし。都築だとPK負ける気が全然しない。
ということで無事世界で3位になれました。理論上ではバルサよりもユベントスよりもリバープレートよりも格上です(すんません、今だけは言わせてください)。今年はリーグチャンピオンをふがいない形で逃したけど、それを補って余あるほどの良いことがいっぱいあった。終わりよければ全て良しってホントだな。すごくいい気分。つい2週間前にこのスタジアムで味わった屈辱は最高の形で払拭することができました。選手もサポーターも1年間おつかれさまでしたー!
そしてワシントン、ネネほんとうにありがとう!これからもがんばれよー!たまには浦和に遊びに来てねー。

世界で三位になりました。

Share this:

悔しかったACミラン戦

浦和レッズvsACミラン!
今日のクラブワールドカップ準々決勝、浦和レッズ対ACミランは色々な意味で悔しい試合だった。
まずは純粋に試合に負けて悔しい。そりゃー実力は圧倒的に向こうのほうが上だって分かってるし、多分負けちゃうんだろうなと覚悟はしてたけど、一縷の望みにかけてたし、試合が始まれば必死に応援してたからね、1点も取れずに負けたのは悔しかった。
で、一番悔しかったのはあまりに多くの日本人がACミランを応援してたってことね。普段Jリーグなんてレベルが低いから見ない!って言う人がいっぱいいるのは知ってる。応援しているチームがなければ、レベルが高いサッカーをするチームの方が面白いでしょう。ジラルディーノだのカカーだのインザーギだのってイケメンが揃ってるのも知ってる。
それでもさあ、FIFAの公式世界大会の準決勝で日本のクラブチームがヨーロッパチャンピオンと戦うんだよ?
そこは日本のチームを応援しようよー!そもそもミランなんて応援しなくても充分強いじゃん。日本に住んでいても根っからの熱狂的なミラニスタだっていうならまだしょうがない。あるいはJリーグのレッズ以外のサポーターでレッズが大嫌いという人もしょうがないかもしれない。
でも、スタジアム周辺で売ってるバッタもんのミランマフラーやユニホームを直前に買い込んで、即席のミラニスタになるくらいだったら、レッズ応援しようよ。
百歩譲ってイーブンな立場で観戦してくれよ。
僕はこの日南側(一応ミラン側ということになってる)のゴール裏2階で観戦した。中心にはレッズサポーターが固まっていて熱く応援してたけど、そこから20席くらい離れた僕の席は前後左右が即席ミランサポーター。
ほんと居心地悪かった。自分で言うのもなんだけど僕はインパラかシマウマかってくらいの草食動物なみの平和主義者。その平和主義者の僕でも隣のオトコが彼女に
「レッズのDFはインザーギに密着マーク出来て羨ましいなー」
ってほざいた時は、頭をひっぱたこうかと思った。
さすがにそれはぐっとこらえて、一人で手拍子して声出したよ。ちょっと意地になってたから埼スタ指定席のときよりも声出してたかもしれない。
杉山茂樹がどっかのコラムで、ヨーロッパじゃ自国のライバルチームが外国チームと戦う時は自国のチームを応援するどころか負けることを祈るって書いてた。だから日本のマスコミが「みんなでレッズを応援しよう!」って煽るのはおかしいと。大宮や鹿島のサポーターはレッズの敗退を願うようじゃないと日本サッカーの将来は暗いと。
バカ言うんじゃないよ。暗いのはお前の心じゃ。まだまだ発展途上の日本サッカーがなんで100年以上の歴史があるヨーロッパをいきなり真似しなきゃならんのだ。
国内リーグが成熟して、例えばさいたまダービーに50年の歴史があって、数々の因縁もきざまれた上で、日本とヨーロッパのサッカー文化が客観的に同レベルと見なせる状況ならアルディージャのサポーターはミランを応援するべきかもしれない。
でも実際は全然違うでしょ。Jリーグには15年の歴史しかないし、ヨーロッパとのレベルの差はレッズサポーターも含めて誰もが認めるところ。どう考えても挑戦者浦和レッズだよ。初めてJリーグ王者がアジアチャンピオンになって世界に挑むんでしょ?これで例えばレッズが大敗して、大宮サポーターは喜べるの?そのレッズよりも下の成績なのに?Jリーグのチームが何度もアジアを制してしょっちゅう世界に出て行ってるならともかく、レッズ以外のチームは世界に挑戦したことすらないんだよ?
今日の試合でミランが勝って大喜びしている日本のサッカーファンは日本のサッカーのレベルが低いってことを喜んでるってことになるんじゃないの??おかしいよやっぱりそれ。
仮に今大会にレッズじゃなくてフロンターレが出場してたとしたら、僕は川崎を必死に応援することはなくても、川崎に勝ってほしいと願ったと思う。少なくともミランを応援することはない。(ボーダフォンカップとかさいたまシティカップみたいな親善試合は別ね。あれはある種のショーだからどっちが勝っても良い。ファンタジー見せてくれれば。)
ということで、せっかくの日本のクラブチームレベルでの世界への船出はちょっとイライラしながら観戦してました・・・。
試合は0-1で負け。前半はレッズも数回良い形があって0-0だったけど、後半は押されっ放し。点差以上の差があった。スコアは惜敗だけど完敗だったな。点を取られてからもボールを奪えないからパワープレーすら出来ない。10回試合したら1回くらいは引き分けられるかもしれないけど、勝つのは無理っぽいなあ。
一番スゴイと思ったのは個々のディフェンス能力。特にオッドね。相馬や永井が股を通したり裏街道抜けたりして、「抜いた!」って思った瞬間が何回かあったけど、あっさり体を入れられてボールを奪われちゃうのね。結局相馬は一度も抜けなかったんじゃないか?セパハンの右サイドは何回も切り裂いたのに・・・。
あとはスピード。日本人のアジリティ(敏捷性)は世界に通用するとかよく言われてるけど、そういうアジリティとは別モンなのかな?何て言うんだろう、もっと単純に速いのよ。後半7分くらいにピルロが見せたドリブルは速くて迫力があった。思わず阿部ちゃんがファールで止めたくらい(家に帰ってビデオでチェックしたら、結構フツーのドリブルに見えて拍子抜けだったけど)。坪井をぶっちぎったカカーもほんと速いよ。でも坪井ってドイツワールドカップでもカカーにぶっちぎられてなかったっけ??君はそろそろ「良い経験になった」的なセリフを吐いたらいかんよ。
闘莉王が後半30分頃に負傷すると、代わりに山田が登場。やっとキャプテンの復帰。山田が入ってちょっと盛り返すレッズ。山田は惜しいシュートを2本放ってた。やっぱり山田は最初からいて欲しかったなあ。あとはポンテ。ポンテがいたらもう少し良い攻撃がみられたんじゃないか。まあタラレバは禁物だけど、レッズ史上最強の相手と試合するのになんでこっちが飛車角落ち(いや金・銀落ちか?)になってるのよ・・・。
まあ残念ながら大金星をつかむことはできなかったけど、まだ世界三位をかけた試合が残ってる!しかもワシントン最後の試合になりそうだし。日曜にビシっと勝って2007年シーズンを締めようぜー。
PS:今日のレッズの赤・黒・黒のユニホームの組み合わせかっこ良かった。

Share this: