初ユベントススタジアム!

転勤でイタリアのトリノに住むことになりました。
イタリアと言えば、美味しい食事、洗練されたファッション、数々のアート・・・
いやいやサッカーでしょう!そしてトリノはあの有名なユベントスの街(FCトリノの街でもあるけど)。
ということで早速会社のイタリア人の同僚たちに連れて行ってもらいました。
セリエAは過去に暴力沙汰やらチケット転売が頻発したそうで、チケットを買うのもそれなりに大変で住所とか出生地とか色々伝えないといけません。
会社の同僚のお兄さんがユベントスのスポーツディレクターだそうで、そのコネで買ったんだけど、それでも必要事項はがっちり伝える必要がありました。

当日も指定されたゲートからしか入れない。チケットとID(パスポート)の照合(本人確認)、グリーンパスチェック、空港並みのセキュリティチェックを潜って、最後にチケットに印字されたバーコードで入場します。めちゃくちゃ厳重。

今まで何度かワールドカップなどの大きな大会で、転売防止策で名前確認を必ずします!と言われていても時間の関係からか、一度も実施されてなかったように思うけど、セリエAでこうして実現されているので次のカタールW杯は本人確認がしっかりされる可能性はありますね。

専用スタジアムなので2階席後方でも観やすかったです。

さて試合ですが、同僚が試合前にスタメンをチェックするとキエッリーニがスタメンの一方でボヌッチはベンチ。うーん。ボヌッチを観たかったけどまあまたチャンスはあるでしょう。
・・で、まあ僕は家に帰るまで4番がキエッリーニだとずっと信じていたのですが、4番はデリクトで、キエッリーニはずっとベンチでした。キエッリーニもいつか観たい。それにしても僕は90分間何を観てたんでしょうね。
ちなみに試合の途中でフィオレンティーナのMilenkovicが退場になったのすら気づかなかったです。
終盤に妙にユベントスが盛り返してきたなーって感じたのは退場のせいだったのですね(苦笑)

ともあれ試合は退場者を出すまではフィオレンティーナペースで危ないシーンがいくつかありつつも、ユーベもモラタがいいシュートを放つなどして0-0で進む。これはイタリアらしくまさかのスコアレスドローか・・と、覚悟したロスタイムにクアドラードがやってくれました!
華麗なまたぎからの角度のないところから強烈なシュートをねじ込みました。ちょうど観やすい位置でのシュートでした。
スタジアムは興奮の坩堝。
イタリアサッカー観戦の初戦は最高の試合でした。

試合後にユーベサポがフィオレンティーナサポを煽る

イタリアに来るまで知らなかったんだけどユベントスとフィオレンティーナは仲がすごく悪いそうです。試合後にユベントスサポーターが何やら怒ってフィオレンティーナのサポーターを煽ってました。
勝ったんだからそんなに怒んなくても良いじゃんって思ったけど・・・。
ちなみに上の写真の男性がやっている手を叩くポーズは早くしろ(早く帰れ)という意味です。

以下、一応記録。フィオレンティーナのVlahovicは来年ユーベに来るって噂があるらしいですよ。

GK Perin
DF Danilo, de Ligt, Rugani, Alex Sandro (46′ Pellegrini)
MF Chiesa, McKennie, Locatelli, Rabiot (78′ Cuadrado)
FW Morata (88′ Kaio Jorge), Dybala (93′ Bentancur)

GK Terracciano
DF Odriozola, Milenkovic, Martinez Quarta, Biraghi
MF Bonaventura (78′ Duncan), Torreira (64′ Amrabat), Castrovilli (33′ st Nastasic)
FW Callejon (75′ Igor), Vlahovic, Saponara (74′ Sottil)

チケット:
TRIBUNA EST LATERALE 2ANELLO(東スタンド2階席)
SETTORE(ゾーン)214
Ingresso(入口)D
Fila(列)14
Posto(席番号)14
金額 62ユーロ/席

Share this:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。