2011年Jリーグ開幕

2011年Jリーグ開幕戦。レッズの相手は神戸!開幕戦を関西で観られるなんてちょっとついてる。去年は散々なシーズンで、最終節にいたってはその神戸相手に0-4という醜態をさらし、神戸のJ1残留をサポートしたレッズ。
神戸でみたレッズの試合はろくな試合がないけれど、なんとなく今年はいけるんじゃないか?そんな淡い期待を持ってホームズスタジアムに向かいました。
新加入マゾーラはベンチスタート。アップでは個人技溢れるリフティングを披露してました。期待できる。

新加入マゾーラ
新潟からやってきたマルシオ・リシャルデスと永田はスタメン。
そんな感じでキックオフ。監督が代わって、新しい選手がやってきてもやっぱりダメでした。淡い期待は時間とともにどんどんなくなっていった。連携とか戦術以前の問題で、パスミスが多い。弱いパス、ずれたパス・・そんなのばっかり。
一か八かの勝負をかけたスルーパスならともかく中盤で確実につなぐべきところでミスが多い。特にキャプテン啓太。スタメンを奪い返したのは実力じゃなくて、阿部、細貝が抜けて層が薄くなって繰り上げ当選だったということが証明されてしまった感じ。
もともとボールを扱う技術は高くない感じだったけど、売りだった運動量も鳴りを潜めた。
ボランチというのは「ハンドル」という意味らしいのですが、こんなにふらつくハンドルじゃ絶対事故になる。
結果的に今日はクラッシュしてしまいました。2枚のイエローをくらって退場。特に2枚目は自分のミスが招いたカード。開幕戦でいきなり退場。次の試合はボランチ誰がやるんでしょうか?
試合はおおむね神戸ペース。後半にポポの直接フリーキックが決まって1-0で敗北。
内容も凄く悪い。去年J2に落ちた京都よりも酷いサッカーしてたぞ。今年の目標は15位以上(=J1残留)だな。
これで僕のホームズスタジアム観戦は1分4敗。相性悪いなあ。
今シーズンはちょっとついてるって思ってたのに。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です