敵は北朝鮮なのか中国なのか?

今週の週末は土曜日フットサル、日曜日昼はフルコートサッカー、日曜日夜は日本代表の試合をテレビ観戦とこれ以上無いくらいサッカーエンゲル係数の高い最高の週末でした。

さっき終わった日本代表の北朝鮮戦ですが、なにはともあれ中国の日本嫌いに改めてウンザリした。観客は北朝鮮を応援してるわけだけども別に北朝鮮に勝ってほしいわけじゃなくて、日本に負けてほしいだけなんだよね。ちょっと日本がミスすると大喜びだし。正直大会の開催国の姿勢としてどうなのよ?って気がするけど、アウェイの雰囲気という点では見習うべきものがあるかも。
だってあの雰囲気って絶対選手はやりづらいと思うんだわ。テレビで見てるだけなのに北朝鮮のカウンターの時にスタジアムがワァーって盛り上がると、カウンターの迫力が増してこっちまで浮き足立ったからねえ。
レッズの時もずっとチャントを歌ってるんじゃなくて、ああいう盛り上がり方も出来たら迫力出るんじゃないかね。

そのスタジアムの雰囲気と北朝鮮のスタートダッシュの勢いに気圧されて、立ち上がりは劣勢の日本。相手のプレッシャーがきつく前にボールを運べない。
その時間帯に川崎のチョンテセが先制ゴールを決める。

内容的にも押されてる感じだったので、けっこうヤバいかもって思ったけど、先制した北朝鮮はそこからがっちり守りを固めてきた。加地が治療のためにピッチの外に出て10人になった時も全然攻めてこない。さすがに残り80分を守りきろうとするのは得策じゃないでしょ。
あのまま立ち上がりの勢いを保つのは難しいんだろうけど、日本としてはもうちょっと攻めて来られたほうが怖かったと思う。

日本は底上げのためか、今までスタメンじゃなかった選手を使った。
田代、播戸、水本、川島・・誰がサプライズを巻き起こすのか?
個人的には播戸に期待したけど、やや存在感なし。
そのかわり田代が相当良かったね。柳沢からスタメン奪っただけのことはあるわ。きちっとボールが収まるし、あたりにも強い。サイドに流れ過ぎの感があるのでもうちょっとゴール前で勝負してくれたらもっと良かったと思う。

内田もだんだん持ち味の攻撃力を発揮してきたし、羽生はちょっとテクニックが上がったように見えた。

これだけ選手を試してる中でボランチは啓太しか試さないのは危険な気がする。いや啓太に不満があるわけじゃなくて、啓太だって累積警告とかケガとかあるわけでしょ。こういう時こそ代わりを探した方が良いんじゃない?

岡田監督の采配はなんだかちょっと神がかり的だった。
後半に安田と前田を同時に投入すると、なんと数分後に安田のクロスを前田が押し込んで同点!
これで3人目の交代枠の駒野がアシストかゴールしたら完璧だったけど、残念ながらドローで試合終了。

この結果に中国の観客は満足だったんだろうか??次はその中国が相手。これこそ絶対負けられない戦いだわ。ベストメンバーで戦って完勝してほしい。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です