VS横浜Fマリノス

本当だったらこの週末は半年に一度のサッカー大会に参加してるはずでした。ところが先週の練習試合で顔面骨折をしたので、遠征メンバーから漏れました。
ということで幸か不幸か今週もレッズの試合を観戦出来る。ところが既にシーズンチケットは妻のいとこにあげてしまってたので、今日は浦議の掲示板で譲ってもらったチケットで観戦。バックロアーSB席のホーム側。ちょうど僕のシーチケの席と反対側のSB席だ。座る席がいつもと違うだけでなんだか埼スタじゃないみたいだ。上手く言えないけどよその家に来ちゃった感じ。当然周囲の席の人の顔ぶれも違うし。たまには違う席も面白いかと思ったけど、やっぱりいつもの「自分の席」に帰りたいなあなんて寂しい気持ちになった。
で、試合。今日の相手は最近元気がないマリノス。とはいえこっちも引き分け続きなんで遠慮はしてられない。なにしろ向こうにはあの山瀬がいるし。
序盤は一進一退。レッズはやっぱりACLの疲れがあるようで、全体的に動きが重い。特にポンテ。いつもに比べて判断が遅いし、微妙にパスがずれる。とはいえ腐ってもポンテだから随所に良いプレーが出る。僕が監督でもどんなに疲れていてもポンテはフルで使っちゃうだろうな。
全体的に動きが悪い中でも目立っていたのは相馬。何度となくサイドを個人技で突破してた。ただ、その突破がどうもチームとしての攻撃に繋がっていかない。相馬が突破したその後が続かない。ケガのブランクが長かったから、連携がとれてないんだろうか?
前半は決定機を2,3回作ったレッズのペースだったと思うけど、0-0で終了。

やああむああせえええ!!
そして後半ついに悪夢が。レッズの必死の引き止めを振り切ってマリノスへ行っちまった山瀬にスーパーミドルを決められてしまう。もうホントにさあ、極端なこと言ったら負けても良いからこいつにだけは仕事させないでよお。なんつーか全員ガットゥーゾ状態で潰しにいってほしいくらいなのに・・・。まあ、あのシュートは凄かったけどね。とにかくショックだった。しかもゴール後の山瀬の喜びようったら・・。仮にもかつてはホームだった埼スタでそんなに喜ぶなあああ。ちっちゃくガッツポーズくらいにしといてくれ。正直言うとマリノスに移籍した後も山瀬のことはそんなに憎めなかったんだけど、あの一撃で完全に敵になったわ。って遅いな。とっくに敵だわな。
今回の山瀬の所業を例えて言うなら、長い間必死に看病してた病気の妻が、体調が良くなった途端に他に男を作って家を出てって、突然家に戻ってくるなり土足で踏み散らかしていったようなもんだ。やっぱ敵なんだよな、悲しいけど。だから今更気付くなって話だけど。
ともかくマリノスに先制されたレッズ。これで2点必要になった。昨日ガンバが勝ったのでレッズも必ず勝ち点3が必要なわけだから。
ところがオジェックはいつものようになかなか動かない。先制された時のオプションを準備してない気がする。点を取られてから対策練ってるんじゃないのか?ここまであんまりうまくいってなくて残り30分で2点必要なんだから早く選手交代しなきゃいけないと思うんだけどね。
でようやく動いた交代が相馬と長谷部のお決まりパターンのみ。結果論で話して申し訳ないけど、交代枠使い切ろうよ。どう考えてもみんな体重かったし。しかも唯一交代した相馬は、僕は一番良い動きをしてたと思うんだよね。
その後セットプレーからネネがゴールしてなんとか引き分けで終わったけど、引き分けじゃダメなのよ。3引き分けって1勝2敗と同じなんだよ!・・・当たり前だけど。
ワシントンの1トップだと攻撃パターンが少ない気がする。裏に抜けられるFWとの2トップでバリエーション増やしてほしい。ポンテでも永井でも良いし、もちろん達也が戻ってくれればそれがベストだと思うけど・・・。

Share this:

“VS横浜Fマリノス” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です